温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

山梨県では、その日の気分によって入る温泉を自由に選べるのが魅力的!

f:id:kyoudouyokujyou:20190527164850j:plain

 

これまで温泉無常では山梨県の温泉に関する記事を何回か書きました。

 

 

www.onsenmujyou.com

 

 

 

www.onsenmujyou.com

 

 

 

www.onsenmujyou.com

 

この先も山梨の温泉に関する記事は書くでしょう。

 

今回ふと思った山梨の魅力は、その日の気分によって入る温泉を自由に選べるということです。

 

熱い湯はもちろん、ぬる湯や冷たい湯だってあります。

 

この記事は、山梨湯巡りをする方や山梨ってどんな感じの温泉あるの?という方の参考になれば幸いです。

 

もくじ

 

山梨県のコンパクト感がミソ

 

 

山梨県は温泉がたくさん湧いている(温泉施設がある)ということは、このブログでも何回か書いたような気がします。

 

でも、温泉がたくさん湧いているのは何も山梨県に限った話ではありません。

青森だって長野だって鹿児島だって・・魅力的な温泉がいっぱい。

ただ、これらの県は広いので同じ県内だからと言って気軽に日帰りで行けるという感じではありません。

 

ただ、山梨県はどちらかと言うと小さな県です。私も山梨を走っていて思うのですが、そんなに長い移動はありません。

さすがに端から端まで移動するとなると遠いでしょうが、甲府周辺を出発点とするとどこへ行くにも近い印象です。

 

なので、少し移動するだけで色々な温泉に入浴できる環境だと思うのです。

 

高温・ぬる湯・ヒンヤリ湯

 

山梨県は、残念ながら全ての泉質が揃っている訳ではないと思います。(たぶん)

それでもほとんどの泉質を堪能できるのは凄いですね。

 

それに加えて、温度の違う湯も湧いています。

 

高温の湯はそこかしこに湧いていますが、ぬる湯・ヒンヤリ湯もあるので季節や好みに合わせて利用できます。

例えばぬる湯は山口温泉や下部温泉、ヒンヤリ湯は岩下温泉や増富温泉など。

 

ぬる湯やヒンヤリ湯はスーパー銭湯でも堪能できるのではないか?と考えることもできますが、循環されている場合が多いですよね。

 

やはり、掛け流しのぬる湯やヒンヤリ湯に入浴することで満足感も大きくなると思います。

 

新鮮な湯に包まれる心地良さや喜びは、循環湯ではほとんど感じられません。

 

そして、県外に目を向けると山梨県に足りない要素もすぐに補えます。山梨県に足りない、もしくは見当たらない温泉だと含よう素泉ですが、中央道で東京方面に移動すればすぐ入浴できます。

 

 

私は愛知県民ですが、含よう素泉に入るとするとどれだけ移動する必要があるのか・・恐らく東海三県にはないかもしれません。北陸や新潟まで移動する必要があるかも。

白濁の硫黄泉だって、200キロ近く移動しないと入れません。

 

なので本当に山梨県って温泉を考える上で、県内外で恵まれているんですよね。

 

雰囲気も様々

 

ほったらかし温泉は、山梨県どころか全国的にも有名な絶景温泉だと思います。

絶景温泉を語る上で、外すことができない温泉。透明のスベスベとした湯も良いですね。

 

その絶景を思う存分堪能できるように日の出一時間前から営業を開始するという徹底ぶり。

つまり、だんだんと明るくなる中で入浴が可能なのです。これはもう、忘れられない神秘的な体験となるでしょう。

 

みはらしの丘 みたまの湯のっぷいの館もほったらかし温泉とは違った方角から眺める絶景湯です。

こちらも濃いモール系の湯で甘い香りやスベスベ感が良い。

 

渋い雰囲気の温泉銭湯も多いですし、緑に囲まれながらの入浴だって可能です。海を眺めながらの入浴は叶いませんがね。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

灯台下暗しって結構ありがちですから、山梨に住んでいても温泉の豊富さに気付いていない方がいるかもしれません。

 

でも、実は色々な泉質・温度・雰囲気を味わえるエリアです。しかもそれに伴う移動時間も比較的短いと言えます。

 

旅行をする方も、色々な山梨の温泉の姿を確認することで、どんどん惹かれることかと思います。