温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

【群馬県北軽井沢~嬬恋周辺】群馬西側の魅力的な温泉に注目してみましょう

群馬県の北側はみなかみ町の温泉・四万温泉・草津温泉・万座温泉と名湯揃いです。

 

街中にも温泉が湧いてますし、伊香保温泉だってあります。

 

でもそれだけで終わらないのが群馬県です。

西側の北軽井沢~嬬恋周辺には魅力的な温泉が点在していて、どこにいこうか迷ってしまいます。

 

今回はそんな群馬県西側の温泉に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

入浴&蕎麦がオススメな鹿沢温泉紅葉館

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190520102637j:plain

長野方面から険しい東御嬬恋線を走り、群馬に入って道を下ったところに紅葉館はあります。

 

 こちらは普通に立ち寄り入浴もできますが、時間を調節して入浴&蕎麦がオススメ。

 

美味しいですし、入浴&蕎麦セットの方が金銭的にお得だからです。

 

周囲にコンビニはありませんし、食事処も豊富という訳ではありません。何より自然環境豊かな場所で食べる蕎麦は美味しさが何割か増すような気がします。

 

私も二度利用していますが、どちらも入浴&蕎麦セットです。

そして、これからもこのセットで利用することになりそう。

 

温泉は内湯のみで、日本温泉協会認定のオール5の温泉です。

加水も加温も循環もされておらず、十分な量の湯が掛け流されている、言わば限りなく完璧に近い温泉ということです。

 

マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉で、鉄分が含まれているのでまろやかな鉄臭があります。

少し濁っており、なめらかな浴感、そして鉄味を感知。

 

湯の生き生き感が伝わってきて、さすがオール5の温泉だなという印象です。

もう、ポジティブな感情しかありません。

温度は43℃前後で熱めですが、出たり入ったりを繰り返して良い時間を過ごせるはずです。

 

半出来温泉 登喜和荘

f:id:kyoudouyokujyou:20190520123241j:plain

登喜和荘は国道406号沿いなので、ドライブ途中などで行きやすい温泉かと思います。

気軽に入浴できましたし、受付時間も長いので嬉しいですね。

 

内湯・露天とありまして、露天風呂は混浴となっています。

 

そこには少し濁ったナトリウム・カルシウムー塩化物泉が掛け流されています。

温度も丁度良くて、特に露天風呂はぬるめなので長湯可能。

目の前の緑を眺めながらゆったり入浴できます。

 

鉄・塩化物系の温泉臭で、なめらか感や塩味もあります。

飲泉も可能で、鉄と塩が口内に広がるような感じです。決して飲みにくい味だとは思いません。

 

入浴していると肌への泡付きもあり、鮮度の良い掛け流し温泉を堪能できます。

 

かくれの湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190520131530j:plain

 

国道146号から狭い道に入ってアクセスします。

雰囲気的に、まさにかくれの湯という感じがします。

 

館内はレトロな雰囲気がありまして、古民家が好きな方はドキドキするような空間なのかなと思います。

 

内湯と露天風呂がありますが、内湯は小ぶりですが露天風呂が大きいです。

何十人と入れるサイズですね。

 

そこには薄く濁ったナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉が掛け流されていて、甘い鉄臭を感知します。

特に湯口はシュワシュワとした感じもあり、鉄炭酸臭です。炭酸の数値は503なので十分感知できるレベルです。

 

浴槽が大きいのに、複数の湯口からドバドバ注がれているので鮮度が落ちている感じは全くありません。

 

温度も42℃くらいに維持されていますし、何より静かな自然環境の中で入浴できるのが良いです。

 

また源泉シャワーもありまして、頭からシャワーするとヘッドスパ感覚で楽しめます。

源泉を頭から浴びるという爽快感を感じてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

 

とりあえず入浴した中で群馬西側の温泉を紹介してみましたが、もちろんこのエリアの温泉に入りつくしたわけではないので、気になる温泉がまだあります。

 

この辺りは鉄分を含んだ湯が多い印象ですね。

 

草津・万座に行く途中や帰る時の入浴、もしくは草津・万座に立ち寄ってから目的地とするのも良いでしょう。

 

温泉の違いを感じる湯旅となるはずです!