温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

ミス&ミス&ミス・・私が温泉巡りをしている時に体験したミスを書きます

長年温泉巡りをしていると、あらゆるミスや不運な経験をします。

これまでも記事の中で、何度かミスに関するお話を書いてきました。

 

今回は、ミスだけに着目して記事を書いてみようと思います。

 

基本的には私の勘違いやうっかりミスなのですが、反面教師にでもしていただいたら良いです。

(なるべくまだ一回も書いたことのないミスを書きます。)

スポンサーリンク
 

もくじ

 

温泉巡りで北海道へ行った。タオルなしで

 

この事実に気付いた時、私は心底ガックリきました。

温泉巡りをする上で、タオルは必要不可欠だからです。

別に例えるなら、営業マンの大切な取引でスーツを着忘れてくるようなレベルのミスだと感じています。あと、武士が戦で刀を忘れるような・・。

 

嘘だろ~

 

ってずっと思っていましたね・・かなり落ち込みました。

 

結局フェリーで苫小牧に到着した後、港から近くの百均で千円分くらいタオルを購入しました。

千円というのは決して重い出費ではありませんが、本来は出ることのなかったお金なので当然心地良くはないです。

 

北海道温泉巡りということで着替えの用意や予定の確認など色々と考えることが多かったのは確かです。

でも、タオルを忘れちゃうかね・・という気持ちはずっとありましたね。

 

教訓:忘れるはずがないと思っている物をいざ忘れるとショックが大きい。今回はタオルでしたが、スマホ・カメラ・財布などを確実に持ったか再確認を。

f:id:kyoudouyokujyou:20190514110657j:plain

北海道で急遽買ったタオル

 

鳴子温泉郷はすぐそこだったが・・

 

岩手県の山奥、秋田県境にも近い場所に須川高原温泉があります。

須川高原温泉に入った後、そのまま秋田側の県道を通って国道398号に出れば、後は南下するだけで宮城県鳴子温泉郷に到着します。

 

何となくお察しいただけたかと思いますが、その県道が通行止めになっていたのです。

なので一度東に進んで山を下り、南に進み、また西に進むという感じで移動。

鳴子温泉では宿泊する予定でしたので宿で過ごす時間が減ってしまいましたし、ガソリンも無駄に消費しました。

1~2時間くらいロスしましたが、やはり旅先での貴重な時間を失ってしまったという気持ちが大きいです。

遠回りしたからこそのドラマがあればまだ良かったのですが、何もありません。

 

教訓:常に通行止めの可能性を捨ててはならない。

 

宮城県東鳴子温泉高友旅館での未遂

 

宮城県東鳴子温泉の高友旅館は、大好きな宿で何回も宿泊しています。

名物の黒湯は油・硫黄・タイヤを焦がしたようなにおいなど、とにかく複雑な個性です。

そんな黒湯は混浴ですが、女性専用時間も設けられています。

 

でも私は、ついうっかり女性専用時間に黒湯へ向かってしまったのです。途中で気付きましたけどね。

 

もし私がそのまま脱衣場の扉を開けていたらどうなっていたのでしょうか。女性専用時間ということで安心している女性達が、一気に青ざめたことでしょう・・。

 

 意図的なのか、うっかりミスかは証明できないですし、法的にもどうなるんでしょう?

私の人生が色々な意味で難しくなるところでした。

 

教訓:混浴における女性専用時間はしっかりと頭の中に入れておく(女性専用時間が始まる10分前くらいには出るなどの配慮も大切)

 

 富山での虻襲来

 

夏は基本的に窓を開けて車を運転し、駐車後も完全に閉めずに10センチくらい開けて温泉へ向かいます。

 

入浴を終えて車に戻ってくると、何と3匹の虻が車内に入っていたのです。

そこで私は窓を全開にして、走っているうちに逃げて行くだろうと予想していたのですが、なかなか逃げません。

 

運転中に手で追い払って虻を動かしてみたその時!

 

見事に攻撃されて刺されました。

 

敵意を示すとしっかり反撃してくるんですね。

 

運転中にチクチク攻撃されるものですから、危険な状況。

なんで運転前に対処しなかったのか疑問ですし、その時がたぶん人生で初めて虻に刺された瞬間です。虻を蝿のような感じで見ていたのかもしれません。

 

教訓:夏の山に近い場所では窓を開けて駐車するのは危険。駐車場に到着して減速した途端にバンバンと虻が車にタックルしてくる場合もあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

とりあえずはこんなところかな?と思います。見直してみても、なぜ?どうして?という気持ちでいっぱいです。

 

  人生にミスは付き物ですが、それが分かっていても気持ちの浮き沈みはあります。

 

ミスはしないのが一番ですが、もしミスをしても切り替えて旅を楽しめると良いですね。