温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

【熊本県山鹿市~菊池市】九州温泉道に選ばれているつるつる湯を堪能しよう

熊本県の山鹿市~菊池市とその周辺はつるつる浴感が特徴的な湯が多いように思います。

素晴らしい温泉ばかりなので何をどうやって紹介しようか迷いましたが、今回は九州温泉道に選ばれている温泉を紹介することにします。

 

肌を触るとつるつるするような温泉は、恐らく多くの人が好むでしょう。嫌いという方は少ないと思います。

 

つるつる浴感に隠れた温泉臭や味なども楽しみつつ、湯巡りしてみては?

スポンサーリンク
 

もくじ

 

平山温泉 元湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190504234308j:plain

何回か訪れていまして、写真はリニューアル前ですね。

リニューアル前はレトロ感があって、それはそれで良かったのですがリニューアル後は当然全てが新しいです。

 

内湯は熱めと適温に分かれていて、露天風呂もあります。全体的に小ぶりなサイズ感ではありますが、安い料金で内湯と露天風呂が楽しめるのは良いですね。

 

しかも透明のアルカリ性単純温泉が掛け流されているので、贅沢です。

ほんのりゆでたまご臭がして、つるつる浴感もあります。

湯の印象としてはリニューアル前後で特に変わったと感じることはありませんでした。

平山温泉は他に入浴施設や立ち寄り入浴可能な宿が多くありますが、そちらも注目しつつ迷ったら元湯に入るという感じで大丈夫かと思います。

 

 山鹿温泉 さくら湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190505001624j:plain

 

 さくら湯は二回訪れています。

雰囲気が非常に良くて、江戸期の風格そのままに・・ということです。

内部の写真は撮影していないのでありませんが、天井や壁など色々な部分を口を開けて見渡してしまうような厳かな雰囲気です。

 日本人はもちろん、外国人からも注目されそうな空間だと思います。

 

そこに満たされるのは透明のアルカリ性単純温泉の掛け流しで、ほのかにゆでたまご臭香るつるつる湯。

しかも湯の鮮度が良く、入浴していると体に泡付きを確認できます。

立派な施設なのに入浴料が安く、スペースも結構あるのでゆったり入浴できるかと思います。

場内は昼間でもやや薄暗く、天井を眺めながら入浴していると心地良いです。

 

花富亭

f:id:kyoudouyokujyou:20190505215106j:plain

宿ですが、立ち寄り入浴も気軽に利用できるような印象。

 

大きな内湯と、のどかな景色を眺める露天風呂です。

 

特に露天風呂からの景色は、思わず見入ってしまう眺めです。田舎&緑という感じですかね。

 

入浴で体が温かくなったらボーっと景色を眺めましたが、かなり癒されました。

 

湯はアルカリ性単純弱放射能泉の掛け流しで、つるつるトロトロの浴感が心地良いです。飲泉してみるとほのかにゆでたまご臭とトロミを感じますね。

 

湯の生き生き感が伝わってきますし、まさに湯良し景色良しという温泉です。

 

木立ちの中の宿 清流荘

f:id:kyoudouyokujyou:20190505223042j:plain

宿泊で利用しました。

内湯は館内ですが、露天風呂は一旦外に出て行くという感じです。

 

到着日は露天風呂ほたるの湯に入りました。2年の月日をかけた手作りの露天風呂ということです。

暗い露天風呂でボーっと藻のようにユラユラ入浴する時間は最高でした。

 

翌朝は内湯に入りましたが、岩風呂で迫力を感じます。

 

湯はアルカリ性単純温泉の掛け流しで、ほのかなゆでたまご臭とつるつる感。

やはり寝る前の露天風呂は非日常的で別世界のようです。

 

 

立ち寄り入浴も可能ですが、露天風呂は複数あるので宿泊の方がより堪能できますね。

 

素朴で落ち着いた宿なので、終始静かに過ごせるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

今回紹介した温泉は、つるつる&硫黄系の温泉ばかりでしたね。

でも、当然一つ一つの温泉は別物です。においや浴感は微妙に異なります。

一気に巡るのも、少しずつ巡るのも良いでしょう。

 

しかもこれらの素晴らしい湯は熊本市の北側で高速道路からも割と近いです。

 

冒頭でも少し触れましたが山鹿市~菊池市には今回ご紹介した温泉以外にもたくさんあるので、色々と探してみてはいかがでしょうか。