温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

山梨県身延町の下部温泉!ぬる~い温泉で心を温めませんか?

温泉に入って汗を流して、心身スッキリ!

それが温泉の良さでもありますが、ほとんど汗が出ないぬる~い温泉に浸かるのも良いです。

 

私はそんなぬる湯が大好きで、同様に多くの人に好まれているのだろうと勝手に思っていました。

でも、ぬる湯は結構好き嫌いが分かれるのかなと感じています。

湯がぬるい!と怒って帰ってしまうような人もいますし、ぬるい湯は温泉に入った気にならないという声も実際に聞いたことがあります。

 

確かにぬる湯では汗を出してサッパリするのは無理もしくは時間がかかるかもしれませんが、だからと言って排除してしまうのはもったいないような気がします。

 

山梨県身延町の下部温泉は、そんなぬる湯を堪能できるのどかな温泉地です。

 

日帰りや宿泊で、のんびりしてみてはいかがでしょうか?

入浴した温泉も紹介していきます。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 素朴な温泉地×ぬる湯

 

下部温泉は東京方面からだと中央道を西へ進んで、甲府南からそのまま南下すれば到着。

 

静岡市からは北進すれば到着なので、決してアクセスが難しいエリアではありません。

 

下部温泉は、熱海や箱根のように商業施設・飲食店が軒を連ねたりコンビニがそこかしこにあるような感じではありません。

昔ながらの素朴な温泉地と言えます。

 

そんな雰囲気だからこそ目の前のお湯に集中できますし、心を落ち着けて入浴できる部分はあると思います。

 

友人と語りながら入るぬる湯も良いですが、一人旅で来て頭を空っぽにして入浴するのも良い。

 

下部温泉の素朴な雰囲気の中で入るぬる湯は、心を温めてくれます。

 

古湯坊 源泉舘

f:id:kyoudouyokujyou:20190504121645j:plain

こちらは、以前は立ち寄り入浴できたのですが、現在はHPを見ると「立ち寄り入浴休止」とあります。

ただ、当分の間お断りさせていただきますということなので、いつかは復活するのかも?そう願うばかりです。

 

なので、古湯坊 源泉舘の湯に入る為には宿泊する必要があります。

でも正直、宿泊で利用するのが大正解な温泉だと思います。立ち寄りで利用した時、後ろ髪を引かれる思いで出ましたから。

 

何はともあれ、武田信玄公も傷を癒したとされる岩風呂は絶対に見逃せないというか源泉舘の目玉でしょう。

 

足元自然湧出のぬる湯で、加水・加温・循環一切ありません。混浴ですが、女性専用タイムもあります。

 

透明の単純温泉ということでほぼ無味無臭です。鮮度の良さを感じますから、まろやかな肌触り。

約30℃ということで入浴しているとだんだん冷えてきます。私は11月の利用でしたが夏場であれば丁度良いぬる湯となってかなり長湯できそうですね。

 

岩風呂ということでゴツゴツとした岩も迫力があり、足元自然湧出ということで誰もいなければ静かな空間です。

 

このままお湯に溶けて消え去ってしまいたいと思えるような極上湯で、いつか宿泊したい宿の一つです。

 

元湯 橋本屋

 

写真は消えてしまってありません。

詳しくは聞いていませんが家族で切り盛りしているだろうと思われる、落ち着いたお宿です。

立ち寄り入浴も可能ですが、私は宿泊しました。

 

ぬる湯に長湯しては出て、少し部屋で休憩したらまた浴室へ・・という繰り返しでしたが、言葉では言い表せないような贅沢です。

 この極上ぬる湯さえあれば、他はもう何もいらない・・という気持ち。

 

 浴室は内湯のみで、混浴と女性専用という感じ。

透明の単純温泉が満たされていて、こちらもほぼ無味無臭ですね。

 

寝る前にボーっと入浴していた時間が忘れられません。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

下部温泉はぬる湯が魅力的ですが、もちろん温かい浴槽もあるので温まることは可能です。

今回紹介した宿はもちろん、他の宿も同じだと思います。

 

ぬるい温泉自体は他にもありますし、温度だけなら家でもぬる湯に入浴可能です。

 

でも、下部温泉の渋い雰囲気+ぬる湯の組み合わせは何だか良い感じ。ふとした瞬間に行きたくなります。