温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

【熊本県水俣市】温泉地の渋い雰囲気に酔いしれる湯の鶴温泉での佇み

熊本県水俣市の湯の鶴温泉は、私が温泉を好きになって湯巡りしていても、なかなか気付くことはありませんでした。

まるで隠れ家のような温泉地で、歴史を感じる渋い雰囲気です。

 

昔ながらの落ち着いた温泉地は数多くありますが、もちろん全ての温泉地が似て非なるものです。

 

そんな温泉地の雰囲気を楽しむのも良い時間ですし、湯が良ければ更にリラックスできます。

 

湯の鶴温泉は私も一回しか行ったことがありませんし、少しかじった程度の入浴経験です。

でも印象に残る温泉地だったので、経験の範囲内で色々と書けたらなと思います。(全て日帰りです)

スポンサーリンク
 

もくじ

 

喜久屋旅館

f:id:kyoudouyokujyou:20190428114800j:plain

たまたまなのか、ずっと同じ感じなのか分かりませんが無人でした。

「すいませ~ん」と声を何度かかけましたが、人の気はありません。

そんな時に地元の方なのかよく分かりませんが中年男性が入ってきて、フロント周辺の料金ボックスにお金を入れて颯爽と浴室へ向かいました。

 

私も同様にお金を入れて浴室へ向かいましたが、館内の雰囲気が良いですね。

湯治場風情たっぷりと言うか、レトロな空間です。

 

浴室に到着するとフロント周辺の静かな環境が嘘のように賑わっていました。

半露天のような浴室には、やわらかな透明の単純硫黄泉が掛け流されています。

 

 

ほんのりとゆでたまご臭香るつるつるとした湯は、肌触り抜群。

目を閉じて入浴していると、心が清らかになってきます。

浴後廊下でボーっとしているだけでも、何だか不思議な気持ちになってきますね。

 

帰りもフロントを覗いてみましたが、誰もいない様子。

お得な料金で宿泊できるということで、のんびりと泊まってみたいと思いました。

 

湯宿 鶴水荘

f:id:kyoudouyokujyou:20190428125631j:plain

落ち着いたお宿で、川ん湯に入浴しました。

川ん湯という名の通り川の音が常に聞こえてきまして、リラックスできます。

他に入浴客がおらず終始一人だったので、思わず眠たくなってしまうような入浴でした。

 

アルカリ性単純温泉が掛け流されていまして、弱いゆでたまご臭+つるつる感です。

 

 

浴室は木の温もりがありますし、少し薄暗かったので雰囲気が良かったです。

HPを見ると複数の貸切風呂があるようで、家族やカップルでの利用も良さそう。

湯の鶴温泉保健センター ほたるの湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190428132742j:plain

写真がブレブレですね。

 

ほたるの湯には地元の方が集いまして、かなり賑やかな雰囲気でした。方言が飛び交っていまして、会話内容はよく分かりません。

 

ギュウギュウで入浴できないほどの混雑具合ではありませんが、脚を伸ばしての入浴は不可能。

透明のアルカリ性単純温泉が掛け流されています。

においは塩素臭ですがつるつる感や重曹のような味を感知。

塩素臭は意外な感じもしましたが、その他の個性はしっかりと感じられます。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

湯の鶴温泉は、ぜひとも宿泊したい温泉地だと感じました。

夜に静かな場所でコーヒーを飲んだり、橋の上で川をボーっと眺めたりしながら過ごしたいですね。

 

湯の鶴温泉での滞在時間は大体3時間ぐらいでしょうか?だからこそ色々な部分が分からないですし、考えれば考えるほど期待値が上がってくるような感じがします。

 

この日は終始しとしと雨が降っていましたが、温泉地の雰囲気と小雨が非常にマッチしていたように思います。

温泉地全体が薄暗いような感じとレトロ感が合っていますし、雨に濡れたことによって古い木の香りが時折フワッと漂ってきます。

 

男性や女性の一人旅、カップルや夫婦での温泉旅に向くような雰囲気なので、お出掛けしてみてはいかがでしょうか。