温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

極上ぬる湯に身を任せる・・新潟県栃尾又温泉自在館で日帰り入浴!

f:id:kyoudouyokujyou:20190419155053j:plain

新潟県魚沼市に、栃尾又温泉自在館はあります。

小出インターから国道352号を会津方面へ進むと到着し、道中は難しくありません。

 

そんな栃尾又温泉自在館で日帰り入浴をした時の体験談を書きたいと思います。

 

宿泊も可能ですが、日帰り入浴でもしっかりとくつろげる素晴らしい温泉です。

通常日帰り入浴は1時間程度入って出るという感じですが、それは自在館では当てはまりません。

なので通常とは違う日帰り入浴になることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

問い合わせ&予約は必須

 

 

まず最初にとても重要だと感じたことをお知らせします。

宿の日帰り入浴は多くの場合いきなりお願いしてもOKです。状況によっては断られますけどね。

ただ、こちらは「ご利用の際は、あらかじめ利用状況をご確認、ご予約の上お越しくださいませ」とHPにも書かれています。

つまり、確認や予約をせずに向かっても入浴できるとは限りません。

現に私も「予約はされましたか?」と聞かれました。

私は電話で予約しておいたので何ら問題ありませんでしたが、もし予約をしていなかったらどうなっていたでしょうか?

 

「本当は予約が必要ですが・・まぁ大丈夫ですよ」なのか、「予約をしていない方は入れません」なのかは分かりません。

 

電話一本、たった一分の作業を怠るか否かで結果は大きく変わってくるでしょう。

 

やはり、お客さんの回転率が悪いというか長湯する方が圧倒的に多い温泉なので、次々に受け入れる訳にもいかないのでしょうね。

 

極上ぬる湯

 

 無事受付できまして、タオルを貸していただけるので嬉しいですね。

私は「うえの湯」と「したの湯」に入浴しましたが、まずはしたの湯に入りました。

宿の方が「今はしたの湯が空いているから、そっちに先に入った方が良いかも」と案内してくれたのです。

フロント近くのエレベーターで移動しまして、静かな廊下を歩き、誰もいない脱衣場へ。

脱衣籠には衣服があるので誰かが入浴していると分かりましたが、全く話し声が聞こえてこないので不思議でした。

 

私も脱衣していざ入ってみると、目を閉じてじっくり入浴している方が5人いました。

湯治場風情たっぷりで、木や岩などの感じが落ち着きますね。

何より会話が一切飛び交っていないので、厳かな気持ちになります。朝の静かな神社のような、身がキュットと引き締まるような感じ。

 

静かにかけ湯して、湯に入ると一気に幸せな気持ちになります。

 

これはずっと入浴できる・・・

 

そう、静かに興奮しました。

 

岩にもたれかかっていると、当たり前のように眠くなってきます。

 

さすがに熟睡とまではいかなかったですが、1分くらいは完全に寝てしまったと思います。

ほとんどの時間はずっと目を閉じて、ベッドの上で眠れない時のように過ごしていました。

たまに、「あれ?あぁ、今温泉に入っているんだな・・」と思います。

それだけ入浴しているという実感が薄れる温度ですね。

 

結局2時間、ボーっと入浴していました。

他の方も大体それぐらい入浴していまして、とにかく浴槽に入ったら皆寝てしまいます。

 

泉質としては単純弱放射能泉で、透明の湯が掛け流されています。

岩石・石膏系のにおいですかね?ほぼ無臭と言っても良いです。

浴感や味も特にありません。

 

湯口の湯は飲泉できますが、本当にぬるいお湯という感じなので誰でも抵抗なく飲めます。

 

2時間入っても出る時に物足りない感じがしますね・・。

 

お次はうえの湯へ。

一度自在館から出て、別の建物に移動します。

うえの湯は、銭湯のような感じです。

浴槽は広いので、恐らく20人以上は入浴できるのでは?

 

大きなガラスの向こう側は緑が広がっていて、したの湯より明るい雰囲気。

湯の特徴はしたの湯と変わらなかったです。

 

何故かうえの湯は誰も入浴していなかったので、全身を伸ばしてゆったり入浴できました。

 

1時間半ほど入浴して、後ろ髪を引かれながら出ました。

 

新鮮で泡付きがある、極上ぬる湯はいまでも忘れられません。

 

なお、どちらも加温槽があるので温まって出ることができます。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

栃尾又温泉自在館は、宿泊で利用しようと思っていました。

でも、良い具合に空きが無かったので日帰り入浴した次第です。

 

最高の日帰り入浴だったと思いますし、とてもリラックスできました。

しかし、帰る時に思ったのは「宿泊したい・・」ということです。

 

これだけ入浴しても、まだ栃尾又温泉を求めてしまう。

 

ぬる湯で、じ~~~っくり入浴したい方は要注目の温泉です。