温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

山形県山形市の温泉が凄かった!山形駅からも近い掛け流し温泉を四か所ご紹介!

山形県山形市の温泉と言うと、スキー・樹氷・強酸性泉などで有名な蔵王温泉が真っ先に浮かび上がるのは間違いないと思います。

 

それだけ蔵王温泉は強烈で、美しく、多くの人を満足させています。

 

ただ、実は山形駅周辺の温泉も良い湯が揃っているのです。

 

昔の私がそうでしたが、山形市=蔵王温泉と結びついてしまって盲目的になっていたように思います。

温泉が点在していたことは知っていましたが、なかなか注目できませんでした。

 

でも、実際に何回か湯巡りすると、どこもかしこも良い温泉だと気付くのです。

 

そんな山形市の温泉を入浴した範囲内でお伝えできればなと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

臥龍温泉保養センター

f:id:kyoudouyokujyou:20190415113459j:plain

ほとんど朝一に近いような時間帯に入りましたが、朝風呂を楽しむ地元の方がいっぱいでした。

周囲の方の会話が盛り上がっていて、しかも聞きなれない山形弁ですから、旅情を感じますね。

 

内湯に浴槽がドンと構えるシンプルな浴室で、そこには透明のナトリウム―硫酸塩泉が掛け流されています。

偶然なのかよく分かりませんが、温度が43~44℃と痺れる熱さです。

この温泉に地元の方は体を真っ赤にして入浴しています。

何杯もかけ湯をすれば、入浴できますね。

 

芒硝系の温泉臭がほのかに香り、意外だと思ったのはスベスベ感です。

硫酸塩泉は基本的に肌にひっかかりがあるようなキシキシとした浴感が特徴的ではありますが、この温泉はそれが全く当てはまりません。

分析書を見ても本当にシンプルな硫酸塩泉なので、不思議だなと思いました。

シャワーもスベスベしたので温泉が使われているのでしょう。

 

体がシャキっとする、心地良い掛け流し温泉でした。

 

健康天然温泉 八百坊

f:id:kyoudouyokujyou:20190415120110j:plain

こちらは、まず浴室扉を開けた瞬間の衝撃から始まります。

 

浴槽縁からジャンジャンオーバーフローしていて、まるで洪水のようになっています。

温泉がザバザバ注がれていて、最初は驚くばかりですが次第に喜びの表情に変わってきます。

 

やや冷たい水風呂と温かいナトリウムー硫酸塩・塩化物泉の二種がありまして、水風呂は25℃前後なので物凄く冷たいという訳ではありません。

温かい湯で火照ったら水風呂へ入るという温冷交互浴が可能で、これがかなり気持ち良いです。

温かいナトリウムー硫酸塩・塩化物泉は少し黄色がかった色で、わずかに鉄系の温泉臭があります。

つるつるとした浴感が特徴的で、何度も肌を触ってしまいますね。

 

水風呂はなめらかな浴感があるのみで、無味無臭です。

 

ドバドバ源泉が注がれているものですから湯はとても新鮮で、生き生きしているのが確実に伝わってきます。

 

 飯田温泉

f:id:kyoudouyokujyou:20190415123636j:plain

 

 バスがたくさん停まっている、ややレトロな温泉。

中に入ると食堂でくつろぐ人が数人いて、風呂場は二人の先客。

 

内湯のみで、小ぶりな浴槽があるだけのシンプルな浴室です。

 

そこには薄い白・緑色のナトリウムー硫酸塩泉が掛け流されています。

槽内は無数の泡が浮遊していて、鮮度の高い源泉がそのまま注がれていることを確認できます。

鉄臭がして、鉄混じりの硬水味。

 

 

温度はやや熱く、半身浴でもすぐに温まりますね。それでも湯の鮮度が良くて心地良いものですから、なかなか出たくないのです。

 

結局出たり入ったりを繰り返して、静かに湯浴みしました。

 

百目鬼温泉

f:id:kyoudouyokujyou:20190415123456j:plain

どめき温泉と読みます。

 

最初この温泉を知った時は驚いたものです。

百々目鬼という妖怪が何か関係あるのかな?と思ったのですが詳しくは不明。

なぜ私は入った時に百目鬼温泉の由来を聞かなかったのか不思議でたまりません。

 

名は恐ろしい感じですが、内部は至って普通の温泉施設ですし、掛け流し温泉が魅力的です。

 

内湯と露天がありまして、特に露天からは立つとのどかな田んぼや山が見えます。

 

成分総計約11g、白+緑が混じったようなナトリウムー塩化物泉が満たされていて、常にオーバーフローしています。

鮮度が良く、湯の生き生き感が伝わってきます。

 

3分以上入浴しないようにという注意書きがありましたが、まさにその通りだなと思います。

槽内の温度も42℃以上ありますし、濃い塩化物泉なので急速に温まりやすいです。

良い温泉で入り続けたい気持ちは分かりますが、適度に休憩しながら入浴することを、強くオススメします。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

山形市の温泉は多くて、私も入浴できていない施設がまだあります。

どれもこれも安くて掛け流しなので、湯巡りしていて楽しいエリアですね。

山形駅でレンタカーを借りて色々と巡る方も多いでしょうから、市内の温泉施設も注目してみてください。