温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

【青森県青森市】駅や空港に着いた時or帰る時!青森市内の温泉に入りませんか?

青森県青森市の温泉を紹介したいと思います。

 

ただ、これまでこのブログで登場した酸ヶ湯温泉や三内ヘルスセンターは除きます。

 

 酸ヶ湯温泉についてはこちらをどうぞ

www.onsenmujyou.com

 

 三内ヘルスセンターについてはこちらをどうぞ

www.onsenmujyou.com

 

到着した時や帰る時って、何となくぷらっと温泉に入りたくなりますよね。

 

幸いにも青森市にはまだまだ色々な温泉があるので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

新青森・青森駅に着いた時or帰る時

 

 

新青森駅を利用する場合は青森健康ランドが国道7号沿いかつ徒歩圏内にあるので、一番便利でしょう。

しかし、私が利用しようとした時は設備の故障ということで入館できませんでした。

内部や温泉については分かりませんが、立地的には利用しやすい施設なので一応触れておきます。

 

仙寿・鶴亀温泉は、ほぼ国道7号沿いで利用しやすいです。

f:id:kyoudouyokujyou:20190403233655j:plain

入浴料金も決して高くないですし、食事も比較的安いのではないかと思います。

浴室はジェット・電気・立ち湯など色々な浴槽があるので、色々入りたい!という方はピッタリですね。

温泉はナトリウムー塩化物泉の加水無し循環で、味は塩っ気を感じます。

わずかに緑がかったような色で、塩化物系のにおいと塩素臭が混じったような感じです。

 

少し離れていますが、お土産購入などを兼ねるのであればたらポッキ温泉もオススメ。

f:id:kyoudouyokujyou:20190404000333j:plain

たらポッキ温泉?という疑問は地元の方以外恐らく誰もが通る道で、たらポッキは珍味(チーズたら)ということです。

そのたらポッキを製造している会社がボーリングして湧出した温泉なのでたらポッキ温泉なのです。

面白いというか、温泉施設としては全国的に見てもなかなか類を見ない感じのネーミングだと思います。

 

浴室は内湯のみで、ほぼ透明のナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉が掛け流されています。

塩化物系の温泉臭となめらか感、そして弱い塩味があります。

湯口にコップがあったので飲んでみましたが、飲みやすくて全く抵抗がありません。

サラサラとオーバーフローして、新鮮さを感じました。

帰る時は、たらポッキを購入をお忘れなく。

 

青森駅を利用する場合は徒歩10分もあれば到着する青森まちなかおんせんは見逃せません。

f:id:kyoudouyokujyou:20190404001202j:plain

青森まちなかおんせんということで、本当に周囲は車が走りビルが建ち並びます。

非常に便利な立地ということで、多くの方が利用していました。

広い内湯で、露天風呂もあるので窮屈な感じはありませんね。

 

湯は少し緑がかったような色のナトリウム―塩化物泉です。

塩化物系温泉臭と弱い塩味で、なめらか感もあります。

よく温まる泉質なので、帰る時にぷらっと入るとポカポカが持続して旅の名残を楽しめるかもしれません。

 

仙寿・鶴亀温泉とたらポッキ温泉はレンタカー利用時、あおもり健康ランドと青森まちなか温泉は電車旅の時に向いています。

 

青森空港に着いた時or帰る時

 

私自身青森空港を利用したことがありませんが、空港からレンタカーを借りるという前提で書かせていただきます。

 

新幹線方面に車を走らせると天然温泉 かっぱのゆがあります。

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190404003033j:plain

国道103号線沿いの温泉で、駐車場も広くて便利です。

内湯にはヒバ造りの迫力ある浴槽や露天などがありますが、一番湯の状態が良いと感じたのは露天にある一人用つぼ湯です。

透明のナトリウム―塩化物泉が満たされていて、基本的に塩素臭ですがつぼ湯だけ無臭でした。

なめらかな浴感のある入りやすい湯です。

 

 かっぱのゆの近くにはあすなろ温泉もあります。

f:id:kyoudouyokujyou:20190404004549j:plain

特徴的な色合いなので、一瞬で判別できますね。

中は地元の高齢者がのんびりと過ごすような感じでした。

 

浴室はまず洗い場があって、その奥に浴槽という配置。

浴槽はそれほど大きくありませんが、だからこそ会話がしやすいという点もあるようです。

透明のナトリウム―塩化物・硫酸塩泉が満たされていて、カルキっぽいにおいと硬水のような味を感知します。

経年によって良い味が出ている施設だと思うので、そういった雰囲気も魅力的。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

 青森市の駅や空港周辺は透明の塩化物泉が多い印象ですが、三内ヘルスセンターのようにガッツリ硫黄泉もあるので不思議です。

 

旅行だけでなく仕事で青森に向かう方も、市内の温泉を色々と堪能してみてはいかがでしょうか。