温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

【栃木県塩原温泉郷】少し手前!道の駅湯の香しおばら周辺の温泉も見逃せない!

栃木県塩原温泉郷は自然豊かな場所ですが、結構人が多い印象です。

電車でも高速道路経由でもアクセスはそれほど難しくありませんから、便利ですね。

 

大きなホテル、そして小さな宿が建ち並び、泉質も豊富ですから魅力的な温泉地です。

 

やはり中心部には飲食店などもありますし注目されますが、塩原温泉郷の手前側も見逃せないなと感じました。

 

湯の香しおばらという道の駅がありますが、今回はその周辺の温泉を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

みかえりの郷 彩花の湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190326103320j:plain

内湯・露天のシンプルな浴室で、露天風呂からは目の前の山をのんびりと眺めながら入浴できます。観光客で賑わうというより、地元の方がくつろいでいるような雰囲気ですね。

 

湯は透明のカルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉で、石膏系温泉臭があります。

なめらかな浴感で、非常に入りやすい温泉だと言えますね。

 

ハッキリと感知できるような個性はありませんが、湯の香をじっくり堪能して欲しい温泉です。

 

塩原温泉あかつきの湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190326101113j:plain

こちらは道の駅の東側の温泉なんですけど、道の駅西側の彩花の湯と湯の個性はかなり違います。

距離的にも離れていないのに、面白いですね。

 

脱衣場を抜けて浴室に入った時にモール系の甘い温泉臭がフワッと香ってきて、一気に良い気持ちになります。

同時に、ここら辺ってモール系の温泉が湧くんだなという驚きもありました。

 

湯はアルカリ性単純温泉で、薄い紅茶のような色合いですかね。

甘くて何度も嗅いでしまうようなモール系温泉臭が最高で、たまらないです。

そして、強めのつるつる感も見逃せません。

肌を触るといつまでもせっけんが残っているかのようなつるつるで、病みつきになります。

内湯はやや熱めですぐに温まりますが、露天風呂は入りやすい温度だったのでリラックスできました。

夜、暗い露天風呂でボーっと入浴しましたが頭が空っぽになって良い時間でした。

 

塩原ファミリー牧場 りんどうの湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190326110104j:plain

黄色い建物が印象的。

ファミリー牧場ということで、独特の牧場臭と言いましょうか、なかなか普段は嗅ぐことがないにおいが漂っています。

 

内湯と露天風呂がありまして、地元の方の会話が賑やかに飛び交います。

湯はアルカリ性単純温泉で、薄黄色のモール系温泉ですね。

外観も黄色、湯も黄色ということで面白いです。意図があるのか偶然なのかは分かりませんが。

モールの甘い温泉臭、そしてハッキリと感じるつるつる感は心地良いですね。

特に露天風呂は結構ぬるめで長湯できたので、良かったです。

露天風呂入浴中も時折牧場臭が漂ってきて、そういった意味では非日常的な入浴体験だったと思います。

 

千本松温泉

f:id:kyoudouyokujyou:20190326110132j:plain

西那須野塩原インターからも近い温泉です。

ほんの少し迷ったので、地図で位置関係を頭に入れておくと便利かもしれません。

 

小ぶりな内湯と、ゆったりした露天風呂ということで露天風呂がメインという印象があります。

 

湯はアルカリ性単純温泉で、薄黄緑色のモール系温泉です。

やはりこちらもモールの甘い温泉臭とスベスベ浴感があります。

広い露天風呂、そして湯の温度もぬるめだったので入浴しやすかったです。

 

インターから出た後、そして塩原温泉郷から帰る途中に一風呂など色々なタイミングで活用できる温泉かと思います。

とにかくゆったりした露天風呂が好き!という方は要注目ですね。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

塩原温泉郷の地図を見ると、たくさん宿が建ち並んでいてそちらばかりに注目しがちなんですけど、インターから道の駅周辺にかけて点在する温泉施設も素晴らしいです。

どこもかしこも掛け流しで、お湯が残念・・ということにはならないのでは?

 

塩原温泉郷は中心部も奥も手前も素晴らしいということで、感動的なエリアです。