温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

北海道の洞爺湖へ行くなら!ホテル群だけではなく、その周囲の温泉にも要注目

f:id:kyoudouyokujyou:20190324011324j:plain

最初に北海道の洞爺湖へ行ったのは大学生の頃で、正直温泉に関する知識はほとんど有していない時期でした。

洞爺サンパレスに宿泊して、大きなお風呂や洞爺湖の眺めを楽しんだものです。

湯に関しては「透明」ということしか覚えていないです。

分析書も見ていないですし・・。

 

その何年か後に再び洞爺湖へ行きましたが、今度はホテル群とは別の場所に訪れました。

 

そしたら温泉がかなり良い感じだったので、洞爺湖周辺の良かった温泉を三か所紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

洞爺いこいの家

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190324012904j:plain

車の中で約30分ほど開店を待ってから入りました。

写真だと車が一台もありませんが、開店時間が近づくに連れて車が増えていきます。

いこいの家ということで、のんびり過ごすことが可能ですね。

 

浴室は内湯のみですが、窓の向こうには洞爺湖が広がっています。

最初に洞爺湖を見た時の様子がフラッシュバックして、感動してしまいました。

 

湯は透明のナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉が掛け流されています。

さらりとしたやわらかい温泉で、石膏系の温泉臭を感知しますね。

温度も熱すぎることなく良い感じでしたし、景色も良いということでリラックスできました。

 

来夢人の家

f:id:kyoudouyokujyou:20190324102433j:plain

来夢人(きむんど)の家ということです。

こちらは洞爺湖沿いの施設ではありますが、浴室は内湯のみで洞爺湖を眺めながら入浴するという感じではありません。

やや薄暗くて雰囲気のある浴室で、そこには少し黄色がかったカルシウムー硫酸塩泉が加温掛け流しされています。

オーバーフローもそれなりに多くて、湯の鮮度が良さそうだなと一目見ただけで分かります。

恐らく色は鉄分の影響かと思いますが、鉄臭というより石膏系温泉臭を全面的に感知しますね。

硫酸塩泉なので、ひっかかりのあるキシキシとした浴感だと思っていましたが、意外となめらかな肌触りです。

 

久保内ふれあいセンター

f:id:kyoudouyokujyou:20190324104857j:plain

こちらは洞爺湖沿いの温泉ではなく、支笏湖へ続く国道を少し走ったところにある施設です。

ふれあいセンターということで、地元の高齢者が集まってにぎやかに会話が繰り広げられていました。

ただ、丁度地元の方が風呂から出るタイミングで私が入ったものですから、入浴はずっと一人でした。

内湯のみで、8人ぐらいが入浴できるサイズですかね?それほど大きい訳ではないです。

しかし湯口からは湯が多めに注入されていて、オーバーフローも同様に多いです。

シンプルに湯が掛け流されているその様子は、ずっと見ていられる光景ですね。

 

湯は透明のナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉で、石膏系温泉臭があります。

加水はされている模様ですが、温泉の特徴は失われていません。

とにかく鮮度の良さを感じる、のんびり落ち着いた温泉でした。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

洞爺サンパレス周辺のホテル群は、大きなホテルが並んで迫力がありますが、そこからほぼ反対側のいこいの家や来夢人の家は全く違う空気感です。

ホテル群は大きなバスが通ったり賑やかですが、そこから離れると一気に交通量も少なくなる印象です。たまたまかもしれませんけどね。

洞爺湖も場所によって見え方が違いますので、色々な場所から眺めてみると楽しいかも。

 

なお、洞爺湖は期間限定で毎日夜に花火が打ちあがります。

洞爺湖ロングラン花火大会ということで、2019年は4月28~10月31日ということですね。

時間はそれほど長くありませんが、洞爺湖で宿泊した場合は必見かと思います。

有料ですが花火鑑賞船もあるようなので奮発してそちらを利用するのも良いですね。

f:id:kyoudouyokujyou:20190324011403j:plain