温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

丸見え!?色々な人に見られながらの入浴は異様だが、満たされる湯は極上

温泉入浴をする時、同じ入浴者に見られるのは普通のことです。

でも、入浴者ではない人に見られることは通常あり得ません。女性なら問題になるでしょうし、男性だって心地良いものではないです。

通常の施設・宿であれば、柵などがあって丸見えにならないように工夫されていますが、中には丸見えになってしまうという温泉があります。

そんな状況で入浴するのは異様ではありますが、どこか不思議な感じがして心地良いのです。そして湯も良い。

 

そのような温泉を、入った範囲内で紹介していきます。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

奥飛騨温泉郷 新穂高の湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190320020738j:plain

丸見えの温泉としてまず挙げるのは、岐阜県奥飛騨温泉郷の新穂高の湯です。

この写真、実は橋の上から撮影していまして、もし誰かが入浴していたらその姿を見ることになります。

もちろん、入浴している姿をジーッと見るのは怪し過ぎるので避けないといけませんが、歩いている途中でチラチラのぞき込む程度であれば普通にあります。

新穂高ロープウェイに続く道でもあるので交通量はそれなりに多いですし、ウォーキングや登山目的の方もよく見かけます。

でも水着着用可能なので、強烈な恥ずかしさを感じながらの入浴ではありません。

大きな岩、そして目の前を流れる川を眺めながら入浴できるので心地良いです。

混浴ではありますが、時期によっては入浴というよりプールのような雰囲気になるのも事実ですね。

 

湯は単純温泉で、少し焦げたようなにおいと川臭があります。

ぬるくて、なめらかな浴感なので本当に入りやすいです。

奥飛騨の大自然を感じながら、ぜひ入浴してみてください。

 

下呂温泉 噴泉池

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190320161934j:plain

 もう一つ岐阜県の丸見え温泉がありまして、下呂温泉の噴泉池という場所です。

この写真には直接写っていませんが、この川沿いに露天風呂があるのです。

少し前は全裸で入浴する方が多かったのですが、今は水着着用が義務付けられています。

下呂駅から徒歩3~5分で、河川敷に行けば発見できるかと思います。

橋の上やホテルなどから丸見えですが、水着着用なので恥ずかしさはそれほどありません。

ただ、下呂温泉は日本三名泉の一つで人気のある温泉地なので人は多いかも?

湯は下呂温泉の中でも良い方ですし、しかも無料なので要注目です。

マナーをしっかり守って入浴してください。

 

湯はゆでたまご臭・スベスベ感と下呂温泉の特徴をしっかりと感じることができます。

 

満願寺温泉 川湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190320163259j:plain

 

熊本県満願寺温泉の川湯は、全国放送のTVでも登場してたので知っている方も多いのでは?

写真を見ても分かる通り、道路や民家から丸見えです。

この大胆なロケーションがインパクト大ですが、地元の方に愛される静かな温泉でもあります。

なお、この川湯以外にも満願寺温泉館(別料金)があるので、実際に行ってみて「ちょっと厳しいかも?」と思った方はそちらへどうぞ。

 

こちらは入浴用のエリアのすぐ隣に食器・野菜などを洗うスペースがあるので、そういう意味ではやや恥ずかしいです。

地元の方が懸命に野菜などを洗っているその横で、入浴するのですから・・・。

湯は透明で、底を触るとジンワリ温かいので湧出しているのを確認できます。

石膏系温泉臭とわずかな甘みがあり、湯が常時一部から川へ溢れ出ています。

温度も熱すぎず入りやすいですし、何より湯が新鮮!

少し勇気が必要かもしれませんが、この極上湯を考えると入るより他はありません。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

 

 増水の影響で私は入れませんでしたが、大分県長湯温泉ガニ湯もこの記事の内容に当てはまる温泉かと思います。

f:id:kyoudouyokujyou:20181005225504j:plain

 

露天風呂で入浴している時に、目の前に衣服を着た誰かが歩くというシチュエーションはなかなかありません。

 

でも、長い人生そういうことがあっても良いですよね。

ちょっといつもと違う温泉入浴、ぜひ体験してみてください。