温泉無常

旅と温泉は、確実に人生を少しだけ楽しくさせる!

スポンサーリンク

青森県下北半島むつ市の温泉は、優しさと塩辛さに溢れている

青森県の下北半島の温泉だと、これまで下風呂温泉や恐山について紹介してきました。

 

 

www.onsenmujyou.com

 

 

www.onsenmujyou.com

 

今回はむつ市の温泉について書きたいと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

優しさ

 

タイトルにもあるように、むつ市の優しい温泉を紹介します。

入りやすい温泉というイメージですね。

 

まずは恐山にも近い薬研温泉民宿あすなろ荘は印象深いです。

f:id:kyoudouyokujyou:20190314002732j:plain

ちなみにこちら、最初は宿の方が不在でボーっとしていたら宿の方が帰ってきて立ち寄り入浴OKという流れでした。

宿の方も宿泊予約に合わせて買い物に出掛けたりするでしょうから、その点の理解は必要です。

 

掛け流しで満たされているのは透明の単純温泉ですが、本当に新鮮で身も心も綺麗になりますね。

シンプルな3~4人サイズの浴槽にジャバジャバと湯が注がれるだけですから、まさにシンプルイズベストという感じです。

見た目は大人しいのですが、芒硝系の温泉臭や硫酸系のビリビリ浴感があって病みつきになります。

湯の個性を確かめるほど虜になっていくような、不思議な感覚でした。

恐山に出掛けた際は、立ち寄り入浴や宿泊で堪能してみては?

 

お次はむつグランドホテル 斗南温泉美人の湯ですが、こちらは宿泊しました。

f:id:kyoudouyokujyou:20190314004609j:plain

こちらの温泉は公衆浴場としても営業していて、宿泊者は宿泊者専用ゾーンと公衆浴場ゾーン両方を利用できます。

宿泊者専用ゾーンは内湯・露天とシンプルですが、入浴者数はこちらの方が少ないので湯の鮮度は良かったです。

薄い褐色のアルカリ性単純温泉が掛け流されていて、モール系だと思われます。

なめらか感と重曹味のある入りやすい温泉で、特に露天風呂は温度もぬるめだったので心地良かったですね。

 

 塩辛さ

 

優しい温泉だけでなく塩辛い温泉も湧いています。

 

むつ矢立温泉は恐山へ行く道の途中にある温泉で、朝早くから営業しているのも魅力的です。

f:id:kyoudouyokujyou:20190314005900j:plain

私も結構朝早くに入ったのですが、既に地元の方で賑わっていました。

こちらはナトリウムー塩化物泉の掛け流しで、湯の温度はもしかしたら44℃ぐらいあるかもしれません。

かなり刺激的な熱さですが、地元の方の動きを見ていると何となく理由が見えてきました。

まず温泉で温まり、その火照りを水風呂で一気に冷やすという行動をしていたのです。

確かにこの熱い湯に入ってグーッと温まったら水風呂に入りたくなるな・・と納得。

私は半身浴をしていましたが、それでも次々と汗が落ちてきます。

湯は鉄分の影響で緑っぽい茶濁りで、鉄+塩化物系の温泉臭と塩味です。

 

下北駅方面から下風呂温泉に行く途中にある石神温泉もインパクト大ですね。

f:id:kyoudouyokujyou:20190314011229j:plain

 こちらの温泉は、成分総計約32gのナトリウムー塩化物強塩温泉なのでとにかく塩辛いです。

舌がビリビリと痺れるような感覚もあり、強烈な源泉だと思いましたね。

 

更に湯の温度も高くて、一番熱い槽は膝下を浸けるだけでアウトでした。

私は5秒も入っていられないほどでしたが、それでも地元の方?は入浴していて驚きました。

ちなみにもう一方の浴槽も痺れるような熱さで、強塩温泉なので一瞬にして温まります。

でも、ここは青森県下北半島ですから、このような温まりの湯は重宝されるのでしょう。露天風呂は適温なので、ゆったり入浴できました。

湯の特徴は先ほどのむつ矢立温泉と似ていて、鉄+塩化物系温泉臭です。

湯上りの肌もぺトペトしていて、強塩温泉らしさ満載ですね。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

下北半島の温泉は白濁硫黄泉・塩辛い湯・透明湯とバリエーションが豊富です。

ただ、私はむつ市西側の点在している温泉に入っていないので、またどこかのタイミングで行きたいと思います。

 

 

 下北半島の旅は、温泉に要注目です。