温泉無常

旅と温泉は、確実に人生を少しだけ楽しくさせる!

スポンサーリンク

【長野県】地獄谷温泉後楽館では、猿と共に不思議な時間を過ごせる

長野県山ノ内町の地獄谷野猿公苑が、日本人はもちろん外国人からも注目を浴びているようです。TVでその人気っぷりが放映されていました。

 

それもそのはずで、こちらでは冬に入浴する猿が見られるからです。

その光景は日本ではもちろん世界的にも珍しく、世界で唯一とのこと。

 

森に猿が暮らし、そして温泉が湧いていて、たまたま一部の猿が温泉に入って徐々に他の猿も入る・・という感じですかね。

 

そんな地獄谷温泉唯一の宿が後楽館で、立ち寄り入浴した時のお話を書きます。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

アクセス

 

上信越自動車道信州中野インターから国道297号で志賀高原方面へ。

渋・湯田中を抜けて上林温泉に入ったらゴールはすぐそこ。

 

後楽館は宿の手前に駐車場があるという形ではなく、駐車場にとめてから歩いてアクセスします。

 

私は10月に利用したので宿から近い有料Pを使えましたが、冬季は上林温泉から徒歩約30分のルートを使うということです。

 

有料Pからだと徒歩10分~15分ぐらいで宿に到着するでしょう。

ややアップダウンのある木々に囲まれた道を歩くことになるので、クロックスやサンダルなどは駄目です。

 

とくにきつい道のりではありませんし、周囲の自然を楽しみながら歩けば良い運動+良い気分転換になります。

 

その内、自然に囲まれる後楽館の姿が見えてくるでしょう。

 

偶然かは分かりませんが、後楽館に到着するまでは一切猿を見ませんでした。

 

まずは入浴

 

まずは入浴をしようと思って立ち寄り入浴の受付をしました。

周囲は猿を見ようと多くの人がいましたが浴室は誰もおらず終始一人でした。

 

内湯と露天がありまして、透明のナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物泉が掛け流されています。

静かで落ち着く内湯も良いですが、露天風呂は自然いっぱいの良いロケーション、そして猿です。

f:id:kyoudouyokujyou:20190223224022j:plain

 

 

川の向こう側には結構人がいましたが、モロに見えないような工夫はされているので問題ありません。

写真のように猿がくつろいでいまして、最初は驚きと警戒心でいっぱいになってしまいました。

露天風呂で猿を見るのは初めてではありませんが、どこも警戒心たっぷりで動きが素早いです。

しかし、ここの猿は人間を見ても全く逃げずに無視という感じですね。

 

こちらは入浴中で裸ですから、攻撃されたらダメージが大きくなってしまうなーと考えざるを得ませんでした。

でものんびりとくつろぐ猿を見て次第にこちらの警戒心が薄れて入浴できた次第です。

 

温泉は香ばしいにおいとなめらかな浴感があり、近くの渋温泉と似ている湯ですね。

あっさりとして入りやすい温泉かと思います。

 

それにしても異様です。恐らく自分は今、結構貴重な体験をしているのだなと思いながら入浴していました。

 

猿見学

 

風呂から出たら、10月の涼しい風が吹く中、猿を見学しました。

横切ったり、無視されたり、寝てたり・・

f:id:kyoudouyokujyou:20190223224056j:plain

あんまり目を見ないようにした方が良いのかな?と注意していたのですが、結局目が合ってもプイっとすぐに視線をそらされます。

 

多くの猿を見ましたが、結局最後まで敵意を示されることはありませんでした。

 

猿が温泉入浴するのは冬の間だけとのことなので、私が訪問した時はしていませんでした。

ただ、温泉を飲む姿だけは確認できました。

猿も人間と同じように飲泉するのですね。

 

時間を忘れて過ごしてしまいました。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

 とんでもなく非日常的な経験です。

恐らく地獄谷に訪れた人は、ほとんど全員が充実した気持ちで帰ることになるのでは?

後楽館で一風呂浴びて(もしくは宿泊して)猿の様子を眺めるのがベストだと思います。

日帰りなら2~3時間は確保して、じっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。