温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

北海道白老町のなめらかな温泉は、長旅の疲れを癒してくれます

全国的に有名な登別温泉が湧く登別市のすぐお隣の白老町ですが、温泉を調べると結構密集してるんですよね。

初めて北海道の車旅をした時は登別温泉の途中というイメージでしたが、その温泉の良さに感激したものです。

 

故に二回目の北海道車旅の時は苫小牧港から東に行くという選択肢もありましたが、まずは白老町の温泉でしょう!ということで西に進みました。

今後も、長旅の疲れを癒す為に苫小牧港から始まる車旅はまず白老町に向かっちゃうでしょうね。

そんな白老町の温泉の魅力を経験の範囲内で書き進められたらなと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

一回目の白老町

 

湯元ほくよう

f:id:kyoudouyokujyou:20190222193324j:plain

白老町で初めての入浴は、こちらの湯元ほくようです。

ホテルですが立ち寄り入浴も気軽に受け付けていて、地元の方が多く入浴していました。

内湯は温度の分かれた浴槽がありまして、大体あつ湯・適温・ぬる湯といったところでしょうか。

それぞれ好みの場所で入浴できるので、入浴者としては嬉しい。

内湯も広々としていますが、露天風呂も同様に広いですね。

湯は成分総計約1gのナトリウムー塩化物泉で、わずかに黄色がかったような色です。掛け流しで、肌触りはなめらか。

湯の香を嗅ぐとモール系の甘い温泉臭があり、味は塩っ気と言った具合。

 

虎杖浜温泉ホテル

f:id:kyoudouyokujyou:20190222195512j:plain

私が入った時は「ぬくもりの湯」として入浴しましたが、今は虎杖浜温泉ホテルの立ち寄り入浴という形になります。

宿のHPを見て特に浴室・源泉の色などは変わってなさそうだったので一応書きます。

源泉は二本のナトリウムー塩化物泉がありまして、しかも掛け流しです。

こちらもほくようと同じようにあつ湯・適温・ぬる湯と温度が分かれていて、好みに合わせて入浴可能。

源泉温度が47.1℃なので、やはりあつ湯が一番良い感じ。

弱いモール系の温泉で、甘い温泉臭やスベスベ感があります。

個人的には露天風呂が40℃ぐらいで入りやすく、甘い温泉臭を堪能しながら入れたので良かったです。

 

二回目の白老町

 

富士の湯温泉ホテル

f:id:kyoudouyokujyou:20190222201648j:plain

レトロ感たっぷりで、館内に漂う昔ながらのにおいが落ち着きますね。

 

こちらは内湯に透明の温泉が満たされていまして、露天風呂は透明湯とヒンヤリとするモール系褐色湯が満たされています。

源泉は昭和44年のものしか見つけられませんでしたが、単純温泉ということです。

透明湯はモールっぽい甘い温泉臭がありま

 

して、スベスベとした浴感が特徴的。

露天の褐色湯もモール系温泉臭で、スベスベします。

どちらも体表に泡付きを確認できるので新鮮だと言えますね。

ただ、他の方のブログを見ると浴槽が空だったり色が違ったりと色々変化があるようですね・・。

とりあえず私が訪問した時は上記のような感じです。

 

山海荘

f:id:kyoudouyokujyou:20190222204239j:plain

地元の方が語らう和やかな雰囲気です。

浴室は内湯のみで、熱湯と適温という具合に分かれていますね。

ほぼ透明の単純温泉が掛け流されていて、入浴していると肌への泡付きを確認できます。

入浴感はスベスベで、付いた泡との相乗効果でスベスベ感が強くなるのが嬉しい。

においはモール系かな?という程度で、一瞬で分かるような強いにおいはありません。

 

民宿 赤富士荘

f:id:kyoudouyokujyou:20190222205338j:plain

赤富士荘ということで、浴室には赤富士が・・。

羊蹄山ではなく、本州の富士山でしょうか。

内湯のみで、成分総計約1gのナトリウムー塩化物泉が掛け流しになっています。

わずかに黄色がかっており、モール系の温泉臭ですね。

スベスベとした浴感、そして甘さと塩味が混じったような味を感知。

しばらく入浴していると肌に泡が付きますし、心地良く入浴できました。

 

アヨロ温泉

f:id:kyoudouyokujyou:20190222205418j:plain

目の前が海というロケーションで、地元の方が次々と訪れる人気の温泉施設。

内湯と露天があり、高温浴槽と露天は源泉100%ということです。ただ高温浴槽は非常に熱かったですね。

成分総計約1,5gのナトリウムー塩化物泉で、薄い黄緑系の色のモール温泉です。

スベスベ浴感があり、甘味・塩味が混じったような味。

硫化水素イオンをわずかに(0,2)含んでおり湯口ではほんのりゆでたまご臭を感知します。

終始賑やかな雰囲気でした。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

白老町の温泉は基本的にモール系の温泉が多いようですね。

 

標高の差はあれど車があればすぐ行き来できるほどの距離に登別温泉がありますので、入り比べてみると面白いかも。距離的には近いのに全然湯の質が違いますからね。

 

新千歳空港からも物凄く離れている訳ではないですし、私のように苫小牧港から動き出す方はもっと行きやすいでしょう。

 

よろしければこちらもどうぞ

 

www.onsenmujyou.com

 

 

www.onsenmujyou.com

 

 

www.onsenmujyou.com

 

 

www.onsenmujyou.com