温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

春は露天風呂が気持ち良い季節!湯と雰囲気が良い露天風呂を紹介します

露天風呂は、どの季節でも気持ち良いものです。

秋の紅葉を見ながら・・とか雪見風呂がやっぱり一番!など、人それぞれ好みはあるかと思います。

 

個人的には秋の露天風呂が好きなのですが、春の露天風呂も他の季節に負けないほど気持ち良いです。

 

そんな春に入浴したら気持ち良さそうな露天風呂を挙げてみようと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

春の露天風呂の良さ

 

まず春の露天風呂の良さですが、とりあえず桜を眺めながら入浴できるのは春ならではですね。

ブワーッと風が吹くと花びらが散りますし、それが時折湯の表面に浮かびます。

やはり、ピンクの花びらが空中に舞う姿は美しいです。

 

そして、長かった冬が終わってくると気温も上昇しますから、とにかく外が気持ち良いですよね。

これまでブルブル震えながら露天ゾーンを歩いていたのに、裸で日向ぼっこすることも可能。

夏は虻・蜂・蚊などの襲来を避けられませんが春ならほとんど大丈夫でしょう。

虫も気にならず、ポカポカの外で半身浴をする時間は言葉では言い表せない!

憎らしいほど寒かった冬が少しだけ寂しくなりますし、これから来る夏への期待も膨らみます。

 

 草津温泉 西の河原露天風呂

f:id:kyoudouyokujyou:20190219142642j:plain

 

草津温泉西の河原露天風呂は、非常に大きな露天風呂で人気の高い場所です。

草津温泉の共同浴場や宿の浴槽サイズはそんなに大きくないというか規模相応なので、この広々とした西の河原露天風呂は良い気分転換になりそうですね。

 

こちらの湯は草津ということで強酸性の温泉が満たされているのですが、そこまでキンキンとした酸味は感じませんでした。

酸っぱいのは間違いないですが、強烈ではないので入りやすいのではないでしょうか?

 

開放的な露天風呂なので多少混雑していても脚を伸ばして入浴できそうですね。

周囲の自然を眺めながら入浴できますし、場所によって温度が異なるのですが、ぬるい場所なら長湯も可能。

 

御座之湯・大滝乃湯・西の河原露天風呂の3か所をお得に入浴できる「ちょいな三湯めぐり手形」はオススメですし、2019年1月11日より毎週金曜日は混浴の日になったようです。

混浴の西の河原露天風呂は未経験ですが、一味違った雰囲気になりそうです。

 

奥飛騨温泉郷 新穂高温泉 深山荘 

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190219153702j:plain

 

 こちらは宿ですが、立ち寄り入浴も可能です。

露天風呂では目の前の川、そして迫り来るような山々に囲まれながらの入浴が可能です。

大自然に包まれるような感じですし、静かに入浴できるかと思います。

湯は単純温泉で、ほぼ透明の湯からはゆでたまご臭を感知します。

たまごスープのような白い湯の華も浮遊していますね。

湯の香を堪能し、自然を眺めながらぜひ深呼吸してみてください。

 

 

 九重星生ホテル 山恵の湯

f:id:kyoudouyokujyou:20190219155452j:plain

 

 こちらは大分県九重の温泉で、九重の大自然を眺めながら入浴できるのが大きな魅力ですが、温泉にも注目です。

冷泉・硫黄泉・単純泉・酸性泉という具合に源泉がありまして、景色を見ながら色々な源泉に入浴できるのが何とも贅沢。

 

残念ながら酸性泉(酸性・含鉄ー硫酸塩・塩化物泉)は調子が悪かったようで未入浴です。

 

硫黄泉は白濁していて、硫化水素臭と弱い酸味を感知。この白濁と大自然の組み合わせは良いですね。

単純泉は透明で、木のようなにおいがするあっさりとした温泉。

温泉臭の違いを確かめるなら、単純泉ー硫黄泉という入り方の方が良いかも。

 

山のホテル 夢想園

f:id:kyoudouyokujyou:20190219162526j:plain

湯布院の宿で、立ち寄り入浴可能です。

 

由布岳の写真が何故か消失していて残念ですが、こちらは雄大な由布岳を真正面に眺めながら入浴できるのが魅力的。

ここに限った話ではないですが、できれば晴天日に入浴したいですね。

湯は透明のアルカリ性単純温泉で、ほぼ無臭・無味のあっさりとした感じ。

なめらかな浴感がありますし、半身浴しながら由布岳を眺めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

四か所挙げてみましたが、とりあえずこの辺りでストップしておきます。

どれも非日常的で、自然を存分に感じながら入浴できるかと思います。

 

温かくなるに連れて道路の雪もどんどん溶けますから、春旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。