温泉無常

旅と温泉は、確実に人生を少しだけ楽しくさせる!

スポンサーリンク

【バレンタインデー】辛くて酷い体験は温泉で洗い流せ!

最後のチャイムが鳴り響き、部活を浮つきながらこなす。

 

それでも私のカバンの中にチョコは入っておらず、家の中に入った時に思う。「ああ、今年も終わったのだな」と。

 

バレンタインデーは、辛くて酷い一日であることに間違いありません!

 

なので!唐突ではありますが、学生時代バレンタインデーに傷ついた男性に向けて、オーバーフローの多い温泉を紹介します。

男が一人物思いにふけながら入浴できそうな温泉を独断と偏見で選びました。

週末にでも温泉に行き、溢れ出る湯と共に全てを流しましょう。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 山形県 龍王温泉荘

f:id:kyoudouyokujyou:20190213205140j:plain

山形県上山市の温泉ですが、ここから車で数分走れば山形市の突入するという位置です。

すぐお隣に想耕庵というそば処があるのですが、かなり美味ということです。

私は残念ながらタイムオーバー・・。

 

龍王温泉荘はレトロな雰囲気がありまして、地元の方に愛されています。

相手方は私が初めての利用だと瞬時に察知したようで「どこから来たの?」と声をかけてくださいました。

 

入浴の受付を済ませて小さな脱衣場で脱ぎ、浴室扉を開けると床が水浸しになっています。

何かのトラブルという訳ではなく、浴槽からオーバーフローした湯で濡れているだけです。

源泉温度約35℃の単純温泉がそのまま満たされている槽と加温されている槽があります。

どちらも二~三人サイズの小さなサイズですが、そのまま満たされている槽は良い感じのぬる湯で心地良いです。

加温されている槽も41℃くらいなので、入りやすい温度ですね。

状態が良いのはやはり源泉そのままの槽で、透明で特に強い温泉臭がある訳ではありませんが、泡付きがあってなめらかな浴感です。

温泉がジャカジャカ注入されているのに浴槽が小ぶりですから、オーバーフローが多いのも必然ですね。

ぜひ、そばと合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

新潟県 華報寺共同浴場

 

 阿賀野市出湯温泉の共同浴場で、私が利用した時は18時だったので地元の方で賑わっていました。

脱衣して浴室に入るとまず驚くのはオーバーフロー量で、常に床を濡らしています。

浴槽では5~6人の高齢者がジーッと

 入浴中。

共同浴場=熱めという先入観たっぷりでかけ湯しましたが、こちらの源泉温度は約38℃で泉質はアルカリ性単純温泉です。

つまり、長時間入浴できる温度の源泉が大量に掛け流されているということです。

一度肩まで浸かったら最後で、そこから中々抜け出せません。

目立った温泉臭はありませんが、肌を見ると泡が付着していて新鮮な状態なのだと判断できます。

スベスベとした浴感も心地良いですし、もう全身が雲の上で浮遊しているような気持ちです。

それほど浴槽は大きくないので混雑している時は脚を折り曲げるなどの配慮が必要ですね。

華報寺の境内にある共同浴場なので、厳かな気持ちと言いますか、湯に対する感謝の気持ちと共に入浴をすると良いです。

 

 

長野県 田沢温泉 有乳湯 

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190214001705j:plain

 青木村に湧く温泉で、近くには別所温泉や鹿教湯温泉などがあります。

長野自動車方面からも上田方面からも国道143号を使った方が良いと思います。

こちらは内湯だけの小さな温泉ですが、透明のアルカリ性単純硫黄泉がドバドバと掛け流されています。

ほんのりとゆでたまご臭を感知する湯で、入浴していると肌に大量の泡付きがあります。

スベスベする泉質+泡付きで肌の触り心地が非常に良いです。

しかも湯温が高くなくぬる過ぎないという絶妙な感じなので、長湯も可能ですね。

周囲の自然も豊かで落ち着きますし、この田沢温泉全体の雰囲気も良いので個人的に大好きな温泉です。

 

山梨県 玉川温泉

のどかな場所に湧く甲斐市の温泉です。

内湯のみの小さな温泉で、浴室扉を開けた時に驚きます。

こちらも龍王温泉荘と同様オーバーフローが多過ぎて排水が追いついていないですね。

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉がドバドバ注入されていて、同時に細かい泡が浮遊していて白濁しているように見えます。

薄黄緑色の湯は甘いモール系温泉臭で、湯口は鉄っぽいにおいが強いです。

肌もスベスベしますし、どんどん排出される湯を眺めながら入浴するのは何とも贅沢。

山梨は良い掛け流し温泉が多いですが、インパクトの強い温泉の一つであることは間違いありません。

 

富山県 庄川湯谷温泉

f:id:kyoudouyokujyou:20181117154335j:plain

 

 

www.onsenmujyou.com

 

 

 

 

 この記事でも登場した富山県砺波市の庄川湯谷温泉です。

 

ドバドバ掛け流しの渋い温泉は、まさに男の一人旅にピッタリ!な印象です。

スポンサーリンク
 

 おわりに

 

もちろん人によっては、バレンタインデーは最高の思い出かもしれません。

でも、それは一部に過ぎないと感じています。

今は幸せ!という方でも、チョコ0で帰ったという過去は消せません。

 

流しましょう。学生時代のバレンタインデーの悲しみを。