温泉無常

旅と温泉は、確実に人生を少しだけ楽しくさせる!

スポンサーリンク

最強寒波で北海道が極寒に!?こんな時はやっぱり温泉でしょう!

最強寒波が北海道を襲っているようですが、愛知は全く雪が降っておらずイマイチ実感が湧きません。

北海道は部屋の中が温かくて快適とのことですが、温泉でリラックスする時間も悪くないです。

この記事では、温まりやすい道内の強塩温泉を無作為に紹介します。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

ながぬま温泉

f:id:kyoudouyokujyou:20190209135011j:plain

長沼町のながぬま温泉は、新千歳空港から車で約30分という場所なので比較的道外の方でも訪れやすい温泉なのではないでしょうか?

 

約21gのナトリウムー塩化物強塩温泉が加水なしで掛け流しにされています。

少し濁っていて、湯からは微油臭を感知します。もっと言うと、浴室に入った時に油臭が場内に漂っています。

なめらかな浴感と強塩味で、温度もやや熱めなのでガツンと温まりますね。

湯量も豊富でオーバーフローも目立つので、身も心も清々しい気持ちになります。

 

 

なんぽろ温泉ハート&ハート

f:id:kyoudouyokujyou:20190209135049j:plain

南幌町の温泉で、札幌市内から車で45分とのこと。

約18gのナトリウムー塩化物強塩温泉が掛け流しで満たされています。

こちらの温泉はこげ茶色で、複雑な温泉臭が特徴的だと感じました。

当時の自分の記録では「黒湯・モールあぶら・臭素」と書かれていますが、それだけ複雑な温泉臭です。

においを確かめるのが楽しい温泉ですね。

 

しんしのつ温泉 たっぷの湯

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190209140845j:plain

 道の駅併設の温泉でして、キャンピングカーが多数あったので温泉に入って車中泊をするという方も多いのでしょう。

こちらは約25gのナトリウムー塩化物強塩温泉で、含まれている鉄分の影響で泥濁りになっています。

湯口は鉄臭を感知しまして、槽内は鉄よりも臭素系のにおいが中心です。

強塩温泉ですし内湯は湯気もありますから、一気に体が温まります。

ゆったりと露天風呂で半身浴すると、急速に温まることはないでしょう。

 

 岩見沢 ゆらら

f:id:kyoudouyokujyou:20190209142027j:plain

早朝に入館すると割安で入れるので、要注目です。

約25gのナトリウムー塩化物強塩温泉で、こげ茶っぽい色ですね。

臭素系の温泉臭で、ほんの少しアンモニウムのツーンとした感じも感知します。

浴室も広々として色々な浴槽がありますし、深夜も利用可能です。

 

北村温泉ホテル

f:id:kyoudouyokujyou:20190209143006j:plain

宿ですが、立ち寄り入浴も積極的に受け付けている印象があります。

約30gと濃いナトリウムー塩化物強塩温泉が加水なしで掛け流されています。

やや緑っぽい濁りの湯で、新鮮な鉄臭を感知しますね。

オーバーフロー量も多く、鮮度も良好だと感じます。

色々な浴槽がある内湯も良いですが、露天で風に吹かれながら入るのが心地良かったです。

 

とままえ温泉 ふわっと

f:id:kyoudouyokujyou:20190209144521j:plain

利用したのはご覧のように夜でしたが、目の前に海が広がるという立地なので日中の景色は素晴らしいでしょう。

約27gのナトリウムー塩化物強塩温泉で、鉄と油臭が混じったような温泉臭です。

温まりも早く、半身浴をするなどの工夫が大切です。

道の駅併設の温泉ですし、浴槽からの景色と温泉の質共に良いということで多くの方が満足できるのではないでしょうか?

 

小樽温泉 オスパ

f:id:kyoudouyokujyou:20190209150437j:plain

 小樽フェリーターミナルから徒歩2分という立地なので、長旅の疲れを癒すことのできる温泉です。

こちらは約24gのナトリウムー塩化物強塩温泉ですが、硫化水素ガスが1,8という数値なので硫化水素臭を少しだけ感知します。

ただ、温泉臭の中心は硫化水素ではなく塩っぽいにおいですね。

舐めると強い塩味の裏に苦味もあります。

私は小樽フェリーターミナルを利用したことがありませんが、北海道にフェリーで行った時や帰る直前に利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

北海道遺産にも登録されているように、北海道の温泉はモール温泉も多いです。

ただ、塩辛い温泉も目立ちます。

 

強塩温泉は体が温まりやすいですが、入り方を間違えるとグッタリしてしまうので注意が必要です。

 

なお、寒波&雪などで温泉施設の営業に影響を与えている可能性もあるので、最新情報のチェックをお願いします。

 

 よろしければこちらもどうぞ

 

www.onsenmujyou.com