温泉無常

旅と温泉は、確実に人生を少しだけ楽しくさせる!

スポンサーリンク

冬だけあえて風呂に入らないという日を設けるのは、命を守ることになるのか?

f:id:kyoudouyokujyou:20190128173702j:plain

毎日寒いですね。

そんな時は風呂に入るとジワ~っと体が温まって心地良いです。

でも、冬は入浴に関する事故も多くなります。

あえて風呂に入らないという選択は、命を守るのでしょうか。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

一日おきぐらいで入る

 

風呂に入らないと言っても、ずっと入らないのはあまりにも非現実的です。

一日おきぐらいで入ると、丁度良いのではないでしょうか?冬は寒いので発汗しにくい時期でもあります。

それに、少し調べると「風呂は毎日じゃなくても良い!」という内容の話が色々と出てきます。

確かに、気持ち悪いかもしれませんがたった一日風呂に入らなかっただけで体に重大な異変が起こるのは考えにくいです。

夏とかはたくさん汗が出ますし入浴事故も冬に比べて少ないので、あえて入浴しないという選択はあまり効果的でないように思います。

気持ち悪くなったら体を清潔にするシートなども売られていますし、温かい部屋でそれらを活用すれば、頭皮以外はある程度の清潔感を保てます。

 

 高齢者は特に注意

 

冬は入浴に関する事故が増えると言っても、子ども~高齢者まで満遍なく増えている訳ではありません。

自宅浴槽での事故は約9割が65歳以上の高齢者です。

やはり体はどう抗っても老化しますし、血管もよくホースに例えられます。(若いうちはやわらかいが、高齢化と共にもろくなって壊れやすくなる)

事故が増える11~3月の約150日の入浴を一つの「リスク」とするのであれば、一日おきの入浴にすることで約75日に減らすことができます。

 

 高齢者自身がしっかりと入浴のリスクを把握して考えながら行動をするのはもちろん、家族が注意喚起をするのも大切ですね。

 

理想は正しい入浴をすることだが・・

 

冬だけあえて風呂に入らない~というタイトルではありますが、正しい入浴の継続が一番ハッピーだとは思います。

私は何があっても風呂は毎日!という考えですし、風呂に入れないとストレスが大きいです。私と同じ考えの方も多いのでは?

風呂の入り方も、いきなり浴槽にドボン!ではなく、しっかりとかけ湯をして最初はぬる湯半身浴で体を慣らしてから徐々に湯温を高くする。

でも、そうは言っても毎回必ず実践できるかとうかは分かりません。ルーズになってしまう時もあるでしょう。

 

私は某温泉で、高齢者が倒れるという現場に遭遇したことがあります。

急に、何の前触れもなくベチーンと倒れてしまいました。

本当に一瞬だなと・・・。

倒れてしまった高齢者も、今日この温泉で救急車に運ばれるなんて思ってもみなかったことでしょう。

 

入浴は心地良いものですが、確実に怖い部分もある。

私の目の前のショッキングな出来事が、それを物語っています。

 

 まずは全身浴から半身浴へ

 

入浴をすると水圧がかかり、それが血液やリンパの流れを良くする反面、心臓への負担がかかるというネガティブな一面もあります。

 寒い冬ですから、全身浴をして効率良く温まりたい気持ちは分かります。

でも、時間をかければ半身浴でも十分温まるのが現実です。

 上半身が寒いかもしれませんが、湯をかけながら入るとだんだん温まってきます。

 入浴剤を使ったり、湯船のフタをして首だけ出るようにするとか色々と工夫も可能です。

全身浴は完全に駄目で半身浴こそがパーフェクト!と言い切るのは避けますが、私の経験上は全身浴のリスクが気になります。

何回もフラ~っとしてますので、少なくともずっと全身浴はマズイです。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

命を守る為にあえて風呂に入らないだなんて、大袈裟かもしれません。一つの考えとして受け流してください。

でも入浴の回数を減らして、尚且つ正しい入浴を心掛ければ恐らく事故のリスクは減るかと思います。

入浴の楽しさ、心地良さを感じる機会も奪われて、何より気持ち悪いですが・・。

 

まだまだ寒くて、皆さまも入浴時の体の負担を強く感じるのではないでしょうか?

今日は良くても、明日何か問題が起こるかもしれません。

無理な入浴や酔って入浴するのは避けてください。

 

よろしければこちらもどうぞ

 

www.onsenmujyou.com