温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

宿にとって苦しい1月中旬~2月末!可能であれば、温泉旅に出掛けてみてはいかがでしょうか?

f:id:kyoudouyokujyou:20190119004521j:plain

正月が終わってから温かくなるまでは、大体どの宿も予約があまり埋まらないです。

もちろん例外もあるでしょうが、このような傾向は多いと思います。

当然予約が埋まらないと苦しいのは、言うまでもありません・・。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

なぜ1月中旬~2月は苦しいか

 

なぜこの時期は苦しいかと言うと、まず正月休みで多くのお金を使うからです。

年末年始はどの宿も盛況ですが、そこで貯めていたお金を使うとなると、しばらくは家で大人しく・・という流れになりやすいです。

旅行や移動だけでなく、福袋などもたくさん売られてお金が少なくなりやすい時期でもあります。

宿も休日料金でしょうし、せっかくの年末年始だからグレードの高い宿に泊まろう!なんて気持ちであれば更にお金が減ります。

 

次に、冬本番という点も大きいでしょう。

寒いと温泉に入りたくなりますが、雪がもっさりと積もった雪道、ツルツルの道を走りたいと思う方は少ないです。

運転を避けるなら電車など公共交通機関を利用することになりますが、やはり車で行くより高くなります。

車だと危なくて嫌だし、電車だと高いし・・となると積極的に予約をするという考えになりにくいですよね。

 

そして、三寒四温の季節になると雪が溶けて気温も上がるので出掛けやすい雰囲気になります。

道路脇には雪がこんもりと積もっていても道路は大丈夫だったり、過ごしやすくて散策も気軽にできます。

でも二月などは道に雪が残っていて散策どころではありませんし、滑って転ぶ危険性もあります。

それなら、少し暖かくなるまで待つという選択が優位になるのは仕方ありません。

このように、色々なことが重なって閑散期を迎えてしまうのです。

 

 

 この時期の魅力

 

冬本番なので、やはり雪見風呂は外せません。

気温も低いでしょうから、ベタベタとした雪ではなくサラサラ。

時折強い風が吹いて雪が舞えば、キラキラと美しい・・。

露天風呂で雪だるまでも作りながら入浴すると、楽しいですね。

体に不安がある方は内湯から雪見風呂を楽しむと良いです。

ゲレンデ+温泉が目的の方も最高で、ゲレンデコンディションはこの時期が一番良いのでは?

年末年始はゲレンデも激混みですが、それ以外は多少落ち着くはずです。

 

閑散期ということで、普段よりも安く泊まれるケースもありますね。

少し宿泊料金を落とすことで、より多くの人に来てもらおうという考えです。

もしかしたら、狙っていたあの宿も宿泊料金を下げているかも?いつも満室のあの宿も空いているかも?要チェックです。

 

宿にとっても一呼吸?

 

www.onsenmujyou.com

 別府杉乃井ホテルが年末年始のバタバタが終わったら10日休むということもありましたが、やはり年末年始明けも宿にとっては「ふぅ~~」という一呼吸を置ける時なのです。

従業員はもちろん、宿のオーナーも休まないと体が壊れてしまいます。

年末年始の疲れを閑散期で少しずつ回復して春に備えるという宿の考えも良いですね。

 

予約が少ないので、この時期に改修補修などを作業を行ったりすればGWに備えることができます。

なんだかんだで、宿も閑散期を上手に過ごしているなという印象があります。

それでも予約が埋まることがベストでしょうが。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

正月でお金を使い過ぎた、雪道、春まで待てば良いか・・やはり多くの人が同じ考えを持つので閑散期というのが生まれてしまうのでしょう。

確かにGWくらいまで待てば過ごしやすい気温でしょうし、連休で色々満喫できるのは間違いありません。

でもそこには渋滞や宿泊料金アップなどネガティブな要素も加わります。

 

ここは一つ、裏をかいて・・というほどでもありませんが、閑散期を狙ったのんびり温泉旅をしてみませんか?