温泉無常

旅と温泉は、確実に人生を少しだけ楽しくさせる!

スポンサーリンク

和歌山県の海沿いの温泉は、それぞれ特徴が異なって面白い

 場所が違えば湧く温泉も異なりますが、和歌山県の海沿いを何気なく見ていると、それぞれが特徴的だと感じました。

新宮市⇔和歌山市を行き来するのは結構長くて簡単ではないんですけど、各地の温泉に入りながらドライブをすれば楽しそうです。

そんな和歌山県の海沿いに注目して、書いていこうと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 和歌山市

 

和歌山市は言うまでもなく県庁所在地ですが、特徴的な温泉が湧くエリアでもあります。

甲府市・鳥取市・鹿児島市など県庁所在地なのによく温泉が湧いて温泉宿や公衆浴場が多いというケースはありますが、見た目的なインパクトは弱めです。

ただ和歌山市はそこかしこに温泉施設が点在している訳ではありませんが、湧く温泉はインパクト大です。

 

まずは私も宿泊利用をした花山温泉 薬師の湯は和歌山市の温泉を語る上で外せないかと思います。

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190110233723j:plain

 この花山温泉を海沿いの温泉とするかは要審議ではありますが、スルーでお願いします。一応和歌山市の温泉なので・・。

花山温泉の特徴は信じられないほどの析出物で、多くの入浴客がいたので浴室は撮影できなかったのですが、とにかく凄いです。

HPを見ていただければどのような様子になっているか把握できますよ。

 

源泉温度低めの炭酸泉ですが、炭酸だけでなくカルシウムや塩の含有も多くてそれがインパクトの大きくしています。

鉄分も多くて、底の見えない茶濁りとなっています。

浴槽も、原型はどうなってるの?と思えるほどの析出物で、これほどまでに析出物を見ながら入浴することがあるのか・・という感じでした。

源泉温度は低いですが加温された浴槽もあるので、所謂温冷交互浴が心地良いですね。

飲泉も可能で、これがまた非常に不味い。(褒め言葉です)

炭酸のシュワシュワ+鉄+塩+エグ味が口内に広がるので、普通に飲める方は少ないと思います。

だからこそ、薬効高い印象が強くなる部分もありますね。

 

なお、こちらは宿泊して朝風呂を楽しむのが魅力的とのことです。

湯の表面に固まりかけた温泉成分が浮いていて、それをかき分けながら入るのが宿泊者の特権なのです。

宿泊者は朝6時~ 立ち寄りは8時~ですからね。

でも私は寝坊してしまい、時既に遅し・・この為に宿泊利用したのに。

早朝は宿泊者だけなので、静かに入浴できたのは非常に良かったです。

 

その他、ふくろうの湯という温泉も和歌山市内にありますが、同系統ですね。

 

白浜町

 

 南紀白浜温泉と言えば関西はもちろん、全国的にも有名な温泉地なのだと思います。日本三古湯の一つに数えられているので、歴史のある温泉地です。

残念ながら一回しか言ったことがないのでほとんど語れませんが、共通点としてはスベスベする湯が多いという印象。

その中でゆでたまご臭がする温泉、鉄っぽさが主張する温泉、シンプルな塩化物泉という具合に分かれているのかなと思います。

 

f:id:kyoudouyokujyou:20190111010004j:plain

中でも崎の湯はかなり有名だと思います。

すぐ目の前は海で、私が入浴した日は強風だったので海に近い槽が残念ながら閉鎖されていました。

本当に豪快な入浴で、天気は画像の通りイマイチだったのですがインパクトの大きい入浴でした。(浴槽写真撮影は×だったので少し離れた場所から撮影しています)

潮っぽい温泉臭がありまして、スベスベ感と塩味を感知します。

 

南紀白浜温泉は大きなホテル、小さめの温泉施設が混在するような感じで、ただただ再訪したいという気持ちです。

 

那智勝浦町

 

那智勝浦町は、巨大なホテル浦島もありますが、ぬる湯+ゆでたまご臭のスベスベ湯を堪能できます。

海のホテル一の滝、湯川温泉、夏山温泉などで楽しめます。

しかもぬる湯はドバドバと掛け流されて、体表に泡が付着するなど鮮度も抜群。

車はもちろん、電車でも気軽にアクセスできるのが嬉しいですね。

 

 中でも、夏山温泉もみじやは要注目です。

f:id:kyoudouyokujyou:20190111013940j:plain

小さな浴槽にドバドバと温泉が流されていて、入浴すると即座に泡が付着します。

ゆでたまご臭、そしてスベスベ・・本当に素晴らしいとしか良いようがないです。

立ち寄りの場合は、入浴可能時間が短めなので最新の情報を入手して利用してみてください。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

和歌山県の海沿いは、色々な温泉が湧いています。

しかもそれぞれが個性的で、良い湯。

 

和歌山の海沿いから目が離せませんね!