温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

宿の従業員を助ける、お客様のちょっとした気遣い

f:id:kyoudouyokujyou:20190105210613j:plain

宿泊業は、どのような状況でも対処するしかありません。

お客様に呼ばれたら行くしかありませんし、汚れている部分は拭くしかありません。

そんな忙しい宿泊業も、お客様のちょっとした気遣いで楽になる部分があります。

優しい世界を目指しましょう。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

可能であれば18時前後のチェックインは避ける

 

渋滞や観光で、到着したのが18時なら本当にどうしようもないというか仕方ありませんが、なるべくこの辺りのチェックインは避けたいものです。

なぜなら、18時は夕食スタートの時間なので、非常に宿の中は慌ただしくなります。

大きなホテルで常にフロントに人が置けるような体制であれば良いかもしれませんが、小さな宿はそんなことできません。

総動員で、お客様を案内して料理を運んでドリンクの注文を受けて・・という作業をします。

食堂に来たお客様の部屋に入って布団を敷く作業も同時に発生するのです。

そんな時にチェックインの作業が入ると、食堂は修羅場と化します。

食事付きの方が18時にチェックインするケースはほとんどありませんが、素泊まりの方がチェックインする可能性は大いにあります。

逆に20時頃だと一通り落ち着いているので、良いかもしれません。

宿はなるべく早くチェックインした方が何となくお得な気分になれるので、可能であれば18時以前にチェックインをすると宿は助かります。

 

ゴミは分別を

 

ゴミ箱に捨てられたゴミは、ある程度従業員がチェックします。

ゴミ袋を持った時に、少し重みを感じたら「ん?ビンが入っているな?」とか判断します。

やはりゴミの分別は大切で、もし燃えるゴミにビンとか缶が入っていると当然問題になるのです。

小さな温泉地では出したゴミが分別できていなかったら普通に怒られますし、「もう収集しないよ」なんて言われることもあるそうです。

やはり、ビンや缶はゴミ箱の隣に並べて燃えるゴミだけゴミ袋に入れるのが良いですね。

 

あと、カップラーメンの汁や具は洗面台に捨ててはいけません。

小腹が空いた時に部屋でカップラーメンを召し上がるお客様は多いですが、今のご時世塩分たっぷりのスープまで飲み干す人はあまりいません。

故にスープは捨てないといけませんが、捨てるならトイレですね。

もちろん大量に捨てると詰まる可能性があるので危険ですが、ネギとか麺の切れ端程度で詰まることはありません。

洗面台の配管は細いですから、是が非でもカップラーメンは流さないようにお願いします。

 

汚したり壊した場合は伝えて下さい

 

障子を破ってしまった、座布団を汚してしまった・・そんな時に思い浮かぶのは弁償ですよね。

酔って暴れて部屋をめちゃめちゃにしてしまった場合はさすがに弁償という話になりますが、不注意で障子の一部を破いてしまったという程度なら何ら問題ありません。

座布団を汚しても、クリーニング代を請求されることもほとんどないかと思います。もちろんケースバイケースですが・・。

もしやらかしてしまった場合は、正直に申し出た方がベターです。

そこで隠してしまうと従業員の発覚も遅れますし、ネガティブな結末しかありません。

壊れてしまったもの、汚れてしまったものは仕方ないので、なるべく早く回復させるしかないです。

部屋に入って「えぇ!?」となるよりも、事前に「○○号室の座布団を洗う」という情報が入っていた方がスムーズに掃除できます。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

決して難しくはない行動の積み重ねが、宿の従業員を楽にさせます。

私は宿泊業経験者ですが、本当にゴミが分別されているか否かという些細な点がタイムロスに直結します。

 

お金を払っている側の人間が、なぜアレコレ気遣いしないといけないんだ!という気持ちも分かります。

でも、これをこうしたら楽なんだろうな・・という行動をすると、全てがハッピーになるかもしれません。

 

今年はちょっぴり優しい旅、してみませんか?

 

<