温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

夜景・ハウステンボス・夕暮れの海!長崎の絶景湯は特徴的

長崎と言えば夜景ですが、逆にそのイメージが強すぎたりします。

夜景を追い求めるのも良いですが、夜景だけにこだわり過ぎるのはベストではありません。

 

長崎の温泉巡りをしていて、景色に感動した瞬間が多かったので紹介したいと思います。

なお、個人的な思い入れとかタイミングの要素が強いので、ご容赦ください。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

稲佐山温泉 ふくの湯(夜景)

f:id:kyoudouyokujyou:20181224005453j:plain

まずは定番の夜景から。

長崎の夜景は日本三大夜景の一つですから、当然美しいです。

そんな夜景を眺めながら入浴できるこちらの「ふくの湯」は大変な賑わいでした。

大きくて綺麗なスーパー銭湯で、駐車場には車がズラーっと駐車されています。

 浴室は各種マッサージバスが揃う空間ですが、メインは露天風呂でしょう。

車・電車など広範囲を見渡せるので開放的。

多くの人が景色に夢中で、私にとっても長崎の夜景を見ながら入浴するという経験は貴重なものになりました。

泉質はアルカリ性単純温泉で、なめらかな浴感が特徴的です。

あっさりして入りやすい温泉なので、その分夜景も楽しめるのではないでしょうか。

 

ホテルローレライ ばってんの湯(ハウステンボス)

 

f:id:kyoudouyokujyou:20181224073423j:plain

 長崎が誇る超有名なハウステンボスを眺めながら入浴できるのが、ばってんの湯。

ハウステンボスは高校の修学旅行で一回行ったきりですが、眺めながら入浴しているとその時の思い出が浮かんで感慨深かったです。

確かハウステンボス内限定のチーズケーキがあったような・・そしてそれが非常に旨かった。

 こちらは透明のナトリウムー塩化物温泉で、なめらか感や塩味があります。

露天の寝湯が心地良く、立ち上がって風に吹かれながらハウステンボスをボーっと眺めていました。

ハウステンボス観光の際は、こちらのホテルを利用するのも良いのではないでしょうか。

私は昼間の利用でしたが、夜はまた違ったハウステンボスの姿を見せてくれるでしょう。

 

長崎温泉 喜道庵(夕暮れの海)

f:id:kyoudouyokujyou:20181224075220j:plain

静かな大村湾を眺めながら入浴できるのが特徴的。

夏の夕暮れ時というタイミングで利用しましたが、目の前に夕日があって幻想的な風景でした。

少し温めの露天風呂に浸かりながら、沈む夕日をボーっと見るのは非常に良かったです。

わずかに濁ったナトリウムー炭酸水素塩泉は掛け流しで、鉄や潮っぽい温泉臭があります。

スベスベとした浴感と甘味も感知して、夕日だけでなく温泉でも満足できたので印象深いですね。

景色と温泉の特徴両方を楽しみたい方はオススメ。

 

草枕温泉 てんすい

f:id:kyoudouyokujyou:20181224081046j:plain

 

番外編でして、こちらは長崎の温泉ではなく熊本県玉名市の温泉です。

見事な島原半島ビューで、長崎を存分に感じますね。

しかも島原半島を一周して、佐賀ー大牟田―玉名という具合に移動してきたので「あぁ、昨日まであそこを走っていたんだな」と思うと更に感動的でした。

壮大な景色なので誰が見ても爽快ですし、これまた夕暮れ時だったのが良かったです。

透明のあっさりした単純温泉が満たされています。

島原と玉名は車でぐるっと移動すると非常に遠いのですが、船を使うと約45分とのこと。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

長崎は本当に独特な街で、西洋っぽさがありながら中華街があったりします。

路面電車も愛知県民の私からすると珍しいですし、修学旅行で行った際も驚いた記憶があります。

道路も結構難しい印象で、クネクネしたり渋滞も頻繁に発生していました。

 

長崎は個人的に長崎駅以南・西海・平戸と全く行けてないエリアが多くてまだ見ぬ景色がたくさんあります。

 

皆さまも、長崎観光の際は長崎ならではの絶景湯を楽しんでみてはいかがでしょうか。

f:id:kyoudouyokujyou:20181224090907j:plain

佐世保バーガー