温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

湯浴み着は、温泉入浴をより楽しくさせるアイテムです

湯浴み着をご存知でしょうか。

入浴する際に体を覆うアイテムで、色々なタイプの湯浴み着が売られています。

目的は手術跡など他人に見られたくない部分を隠したり、混浴で異性の視線を寄せ付けないなどです。

今のところは、頻繁に見かけるようなアイテムではありません。

しかし、思えば思うほど便利なアイテムです。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

手術跡を隠す

 

私はまだ手術を経験したことがありませんが、年齢を重ねると手術を経験することもあるでしょう。

その時に手術跡が残ったとして、それが恥ずかしくて温泉に行けないと想像したら、悲しいことです。

温泉は貸切湯限定になったり、人が少ない時間帯にこっそり入るような感じだと心の底から楽しむのは困難かと思います。

 

手術跡だけでなく、何となく見られたくない部分も隠してくれます。

人よりも毛深かったり、首から下は全部脱毛していて恥ずかしかったり・・。

体を強打して、グロテスクに変色しているという状況もきついですね。

 

混浴で大活躍

 

湯浴み着は女性であれば全身、男性用は下半身だけを隠すタイプが中心なので、お互いに見られたくない部分は隠れます。

混浴における問題点は、男性が女性に向ける視線です。

ジロジロと見るので、女性が辟易して混浴に来なくなったり嫌いになったりします。

女性の気持ちで考えてみると分かりやすいですが、混浴に入ろうとする時に複数の男性がジロジロ見ていたらどう思うでしょうか。とても気持ち悪いと思います。

男はやっぱり男ですが、TPOを考えないといけません。

でも湯浴み着があれば、視線を浴びることはあっても過度な防御は必要ありません。

精神的にも、ゆったり入浴できるかと思います。

女性が男性を凝視するのはほとんど無いと思いますし、私もそんな経験は一回もないです。

それでも男性用湯浴み着を着用すれば大事な部分は隠れます。

f:id:kyoudouyokujyou:20181220004555j:plain

(岐阜県奥飛騨温泉郷 新穂高の湯)

 

問題点は?

 

問題点は大きく分けると二つあるのかなと思います。

まず一つ目は衛生面の問題で、湯浴み着の汚れや雑菌がそのまま浴槽に入りこんでしまうのは事実です。

せっかく綺麗に体を洗っても、雑菌だらけの湯浴み着で入ったら浴槽の清潔が保たれないのではないか?ということです。

施設側で湯浴み着を用意すればある程度清潔感をコントロールできるかもしれませんが、中には自前の湯浴み着を望む人もいます。

その場合は、入浴客が湯浴み着を清潔に管理していると願うしかありません。

 

二つ目は、逆に目立つという点です。湯浴み着は混浴だと一般的ですが、男女別浴室だとそれほど一般的ではないという印象。

一人だけ湯浴み着を着ていると、逆に目立ってしまいますよね。

手術跡で視線を集め、それを避ける為の湯浴み着でも視線を集めるという状況だと、公衆浴場への足が遠のく気持ちも分かります。

「湯浴み着って何?」から「誰もが知る湯浴み着」へ。

そうなれば多くの人が視線を気にせず入浴できるかもしれませんね。

 

着用の可否を要確認!

 

現段階では、全ての温泉で湯浴み着を着用できる訳ではありません。

故に、勝手に着て入浴をすると思わぬトラブルになることも・・。

施設側にしても衛生関係で拒否するかもしれませんし、残念ながらクレームが発生すれば対応を迫られることになります。カーテンなど着脱時の配慮も必要かも。

湯浴み着への理解はもちろんあると思いますが、色々なことを考慮すると二つ返事で「ハイ、OKです」とは言えないのでしょう。

でも、湯浴み着への理解を示す温泉施設は増えていると感じます。

「湯浴み着OK」の表示を見る機会も多くなりましたから。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

湯浴み着は、多くの人の悩みを解消してくれます。

手術跡があっても気兼ねなく公衆浴場へ、温泉宿へ。

裸体に抵抗のある外国人も使えますし、非常に良いアイテムだと思います。