温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

大型連休前!「まぁ大丈夫でしょう」という考えを避けて楽しい温泉旅へ!

f:id:kyoudouyokujyou:20181219010617j:plain

(正月の熊本県辰頭温泉)

12月も残り少なくなってきましたが、年末年始の予定はお決まりでしょうか。

ゆっくりと温泉宿で過ごす方は多く、チラっと予約サイトを見てみましたが全然空室がありませんね。

年末年始に泊まるなら、数ヵ月前から予約しておかないといけません。

そんな楽しみな温泉旅だからこそ、笑顔で帰宅したいものです。

この記事は、何かと発生しがちなミスに注目してみとうと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 交通関係はもちろん注意

 

 交通関係は車にしても電車にしても注意が必要です。

これに関しては毎年テレビでも映像が流れますので想像しやすいですし、実際に混雑でヘトヘトになった方も多いのではないでしょうか。

新幹線は指定席をゲットしたのであれば問題無いかもしれませんが、自由席なら争奪戦です。

普通に乗って座るのは難しく、目の前の新幹線をやり過ごして先頭に並ぶぐらいの行動をしないと座れません。

先を急ぐなら満員電車のように立って移動するしかありませんね。

もしくは、少し時間がかかりますが「ひかり」などを利用するのも良いかも。

東京駅から出る「のぞみ」は全てギュウギュウでしたが、ひかりだと普通に座れました。

 

車での移動に関しては、やはり日中の渋滞を見越す必要があります。

夜中や早朝に混むことはほぼあり得ませんが、空が明るくなるに連れて交通量も多くなります。

週末ですら渋滞になりますから、大型連休はガッチガチです。

タイミングが悪いとPA・SAも駐車待ちの大渋滞になりますから、食事のタイミングをズラしたり利尿作用のある飲料を飲み過ぎないなどの配慮が大切。

携帯トイレを常備しておくと、トイレだけでなく乗り物酔いにも対処できるので便利です。

後は路面の状態を気にすることと車の整備ですかね。

年末年始は雪がドッカリ振りますし、そうでなくても路面凍結します。

最低でもスタッドレスタイヤへの交換をして、安全第一を心掛けましょう。

 

入浴に関する注意

 

 まず、温泉施設は非常に混むと思います。周囲にあまり人がいなくてゆったりと入浴・・という現実は想像しない方が良いかも。

大型連休は仕方ないです。

貸切風呂に入るか、大きい浴槽のある施設を選択すると比較的スペースを確保しやすいのではないかと思います。

 

宿の立ち寄り入浴に関しては、更に注意が必要です。

年末年始は連日のように満室という宿も少なくありませんから、立ち寄り入浴不可の可能性が出てきます。

ここも駄目、あそこも駄目という具合に断られると、予定が狂うだけでなく精神的にも落ち込んでしまいます。

行き当たりばったりではなく、事前確認は必須です。

 

 そして、大型連休ということで飲み過ぎてしまう方も多いでしょう。

そんな状態で入浴すると、意識を失いかねません。

そもそも冬は入浴事故が増える時期なので、悲しい年末年始にならないように自分の身を守ってください。

 

www.onsenmujyou.com

 

イベントに注目!

 

お正月はどの分野もそうですが、温泉施設もイベントやプレゼント企画などが盛んです。

例えば正月の記念タオルがもらえたり、入浴割引券、米をいただいたこともありました。

ただ温泉を求めて湯巡りしているだけなのに、どんどん物が増えるという嬉しい展開。

 

また、正月の浴室はあちこちで新年の挨拶が飛び交っていて不思議な雰囲気がありますね。

そんな様子を見ると、更に正月気分が盛り上がって楽しめます。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

一年の終わり、そして始まりが同時にやってくる年末年始は、なるべく気持ち良く過ごしたいものです。

「こんなはずじゃなかった!」という場面が多いほどストレスが溜まりますので、やはり事前の準備が大切。

 

平成最後の年末です。

幸運を祈ります。

 

<