温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

潔癖症の方からすると、温泉入浴は苦行になってしまう

潔癖症の方から見る温泉について知る機会がありました。

私はそれほど潔癖ではない・・というか、一般的なレベルですかね。

毎日の入浴・歯磨きは絶対欠かせませんし、風呂に入っていない体で布団に入るのも無理です。

そんな私から見ると、潔癖症の方が思う温泉観がとても新鮮でした。

※汚らしい表現もありますので、ご注意ください。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

なぜ温泉は無理なのか

 

なぜ温泉は無理なのか、最初に耳に入ってきたのは「知らない人の汗や脂が混じっている湯に入るなんて信じられない!」ということでした。

確かにそうですよね。その湯には汗や脂が混じっていますし、自分自身も汗や脂を出すのです。

それは何も珍しいことではなく、全ての人に共通すること。

なので、いくら考えても仕方ないと思うしかありません。

夏は暑いけど仕方ない、冬は寒いけど仕方ない。それと同じ感覚です。

潔癖症の方にとっては、一度汗やら脂のことを考え出すと、どんどん気持ち悪くなっていくのでしょう。

たらればの想像すると無限に話が広がってしまいますが、例えば誰かが浴槽の中で漏らしたのでは・・とか、お尻をきちんと拭けてない人が入ったのではないか・・とか考えだすとキリがありません。

 でも、これらは決しておとぎ話ではなく、そこにあるかもしれない現実なのです。

そう考えるとゾッとするのも分かりますが、それでも私は温泉へ向かいます。

 

私も色々と経験している身・・

 

まぁ確かに色々と気になることもあるでしょうけど、実際は何も無いんですよ!

・・とは言えない現実があります。

私も色々と経験していまして、まずは水虫ですね。温泉巡りが原因だと断定はできないのですが、プールも行きませんし、99%温泉巡り中に水虫になったと思っています。

多くの人が裸足で歩き、そして足拭きマットを踏むのです。

温泉ライターの方とお話しさせていただいた時にも「水虫は職業病みたいなものかも」なんて語っていました。

温泉施設も、水虫予防に関するサービスを手厚くすれば喜ばれるのではないでしょうか?

 

ちなみに私は水虫を草津温泉で治しました。

 

www.onsenmujyou.com

 

そして、茶色い物体の浮遊も何回か目撃しています。茶色いアレです。

さすがにこれは見逃せません。子ども?高齢者?それともわざと・・?

紛れもない現実です。

もちろん施設名は言えませんが、あの後営業はどうなったのだろうか。

 

温泉は消毒すればOK?掛け流しは?

スーパー銭湯などでは浴室に入ると塩素臭がして、当然湯からも漂っています。

そんな塩素系薬剤によって消毒される訳なので、菌が増え放題の無法地帯ではありません。

塩素系薬剤以外で消毒されている場合もありますが、頭の良い方々が消毒方法や濃度を決定している訳なので一応安心できます。

後はどれだけ施設側が良い管理をするかによって清潔度合いは変わってくるのかなと思います。

 

掛け流しの場合は、浴槽がそれなりに大きいのに温泉注入量が少ないとどんどん汚れてしまいます。

しかし、ザバザバ注入されて常にオーバーフローしているようなケースだと新鮮です。

ただ、常にオーバーフローするような掛け流しだからといって、レジオネラなどによる事故が発生しないとは言えません。

 

入浴する時に湯を溜めてくれる貸切湯が最適?

 

多くの貸切湯は、誰かが入浴した後に桶を整頓したりゴミを片付けて次のお客様へ・・という流れですが、一回ごとに湯を溜めてくれる貸切湯もあります。このようなスタイルは九州に多く、お金やコインを入れるとドバドバ湯が出てくるという感じです。

 

これだと、自分が一番風呂ですし他人を気にせず入浴できるので潔癖症の方でもくつろげるかも?

このブログでは熊本県杖立の白岩温泉を紹介したことがあります。よろしければどうぞ。

f:id:kyoudouyokujyou:20181121192107j:plain

 

www.onsenmujyou.com

スポンサーリンク
 

おわりに

 

 思った以上に汚くてネガティブな話になってしまい、申し訳ありません。

やはり清潔であることに越したことはないので、全員が清潔さを保つ工夫をしなければいけません。

汗とかは仕方ないんですけど、タオルを湯に浸すなどの防げる部分は気を付ける必要があります。

 

鹿児島県に「スパ・ルルド」という温泉がありますが、こちらは営業中でありながら約二時間おきに浴槽の湯が入れ替わるというシステムを採用しています。「スーパー掛け流し温泉」とのこと。

レジオネラ属菌が増殖して密度が高くなる前に湯を捨ててしまおうという感じですね。

f:id:kyoudouyokujyou:20181218132022j:plain

 

今後もこのような清潔感を重視した施設やシステムは増えていくのかなと思います。