温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

行き先は鳥取駅!鳥取駅周辺の鳥取温泉は見逃せない

f:id:kyoudouyokujyou:20181215104939j:plain

鳥取県の面積はどちらかと言うと狭いですが岩井温泉・吉岡温泉・はわい温泉・三朝温泉・皆生温泉などの温泉地がありまして、温泉には恵まれているという印象。

景色が良くて、歴史も感じて、掛け流しどころか足元自然湧出も!

そんな中で、鳥取駅周辺の鳥取温泉も見逃せません。

旅行の行き先を鳥取駅にするのも良いですし、出張のついでに温泉入浴も可能。

なお、この記事では鳥取駅周辺の温泉に絞って話を進めようと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 

 木島温泉

 

鳥取駅から徒歩10~15分くらいですかね?やや古めの温泉銭湯で、地元の方がチラホラ入浴中。

源泉は成分総計約4gのナトリウムー硫酸塩・塩化物泉で透明のアッサリした温泉です。

特にスベスベとした浴感ではなく、キシキシする感じ。

温泉臭は特に感知しませんが、塩素臭も気になりません。

ゆったりとした時間が流れる、落ち着いた温泉でしたね。

 

元湯温泉

 

先ほどの木島温泉から鳥取駅方面に戻ると元湯温泉があります。

閉店が近いという時間に利用しましたが、非常に賑わっていました。

場内もそんなに広いという訳でもないので、ぎゅうぎゅう詰めで入浴。

こちらも成分総計約4gのナトリウムー硫酸塩・塩化物泉で、ほぼ透明のあっさりした温泉。

温泉臭はほぼありませんが、舐めるとわずかに塩っ気を感じるかなという印象です。

 

日乃丸温泉

 

日乃丸温泉は鳥取駅からも近くて徒歩5分ぐらいかと思います。

駐車場が小さめなので、車で行く方はやや注意が必要かもしれません。

他の駐車場を探しておくとか、ホテルから徒歩で行った方が良いかも。

手前に洗い場、奥に浴槽というシンプルな温泉銭湯で、成分総計約4,8gのナトリウムー硫酸塩・塩化物泉が満たされています。

薄緑色で、ほのかに鉄臭を感知するので木島温泉や元湯温泉とは一味違った印象を受けます。

肌を触ると少しスベスベしますし、特徴的な温泉の一つですね。

地元の方が静かに目を閉じて入浴していましたが、毎日来ているのでしょうか。羨ましいです。

 

宿の温泉もチェック

 

私は「ホテルモナーク鳥取」に宿泊しましたが、自家源泉のナトリウムー硫酸塩・塩化物泉が満たされています。

長い時間日帰り入浴も受け付けているので、気軽に入浴できるのも嬉しいですね。

透明のあっさりとした温泉で、温泉臭もほとんどありませんが舐めるとわずかに塩っ気を感知します。

木島温泉や元湯温泉に似た入りやすい温泉で、浴後のサッパリ感が特徴的。

出張で鳥取駅周辺に泊まる場合は、適当にビジネスホテルを予約するのではなく、温泉大浴場を備えたホテルを探してみると良いかも。

もちろん温泉が全てを凌駕する訳ではありませんが、広い大浴場で温泉に浸かった方が仕事の疲れも吹き飛ぶことかと思います。

その他日帰り入浴できる宿泊施設が点在しているので要チェックです。

温泉銭湯+日帰り入浴可能宿を合わせると、とても一日で温泉巡りできるような数ではなくなります。

鳥取駅周辺の温泉を調べてみると、「あ、こんなに温泉あるんだ」という気持ちになりますね。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

鳥取駅周辺の鳥取温泉は源泉温度50℃前後の硫酸塩系の温泉が豊富だなという印象があります。

強烈硫化水素臭とか濁り湯とか視覚や嗅覚を刺激する訳ではありませんが、逆に言うと老若男女に優しい温泉とも言えます。

癖の強い温泉は、どうしても好き嫌いが分かれてしまいますからね。

他の温泉地に泊まって帰る時に少し寄るとか、青春18きっぷ旅で下車して一風呂も良いです。

鳥取駅周辺の鳥取温泉、ぜひその肌で感じてみてはいかがでしょうか。

f:id:kyoudouyokujyou:20181215123152j:plain

(鳥取砂丘)

 

鳥取砂丘は足元が砂ですし、結構急な斜面もあります。長時間歩いていると脚が疲れるので、そんな時に温泉入浴すると更に心地良いですね。