温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

国道沿いの掛け流し温泉も廃業する時代

国道1号線と23号線。

特に東海エリアに住む方にとっては馴染み深い国道だと思います。

秘湯の一軒宿が相次ぎ廃業というニュースもありますが、車がバンバン通る国道沿いの掛け流し温泉も、決して安泰という訳ではありません。

 

スポンサーリンク
 

もくじ

 

オートレストラン長島

 

国道23号線沿いのオートレストラン長島は食事もできて温泉にも入れるという施設でしたが、2017年に廃業しました。

その後すぐに「オートレストランそら」として復活しましたが、温泉部門に関しては復活せずという感じですかね。

すぐ隣に別の温泉施設「クアハウス長島」があるので、その影響もあるのかな?温泉は腐植質を含んだ温泉が掛け流しで、かなり盛況でした。

国道23号線はトラックがバンバン通る道でもあるので、利用客はトラック運転手が多いイメージ。

長きに渡って営業を続けてきましたから、常連客も多いのでしょう。だからこそ、取り壊されなくて良かったと思います。温泉の動向も気になるところ。

 

 

富吉温泉テルマ55

f:id:kyoudouyokujyou:20181212150819j:plain

国道1号線沿いの富吉温泉テルマ55は、愛知県蟹江という場所にありました。

しかし今は完全に取り壊されて薬局になってます。これではもう、運営元が変わってリニューアルして・・という動きはできません。

実は、テルマ55が廃業してから「いづみの湯」という名で営業を再開したのですが、数年くらいですかね?営業してからまた幕を下ろしてしまいました。

激熱の浴槽が刺激的で、温泉の熱をビリビリと感じながら入浴するのがテルマ55流。

小ぶりな露天風呂の湯は温泉臭が明瞭で、甘いにおいを堪能できました。

脱衣場へ戻る前に、内湯の激熱槽でカーッと温まって茹蛸になるのがルーティンでしたね。

こちらもオートレストラン同様に腐植質を含む掛け流し温泉。

仕事帰りに、休日に・・よく入ったなぁ。

f:id:kyoudouyokujyou:20181212151934j:plain

もう埋まらないスタンプカード・・

 

老朽化

 

オートレストラン長島もテルマ55も、老朽化が閉館理由だったと思います。

確かに、テルマ55は床が隆起して赤いコーンが置かれて・・っていう状況でしたから、非常に厳しかったと思います。

これらを修復すると言っても莫大なお金がかかりますし、全体的に古ければ波状攻撃のように修復必要箇所が出てきますからね。

あそこを直しても次はこっちが悪くなり・・の連続だと、心が折れるのも無理はありません。

当事者にしか分からない苦悩が、あるのでしょう。

天井が落ちて入浴客が怪我というニュースもたまにありますが、老朽化が原因の事故が起こってしまうと治療費の負担はもちろん、一気にネガティブなイメージが広まってしまいます。これは避けなければいけません。

 

オートレストラン長島もそうですが、私が生まれる10年以上も前に開業してますから、40歳前後の方は惜別の情が特に強いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

やはり清潔感のある整った空間が、重要だと思わざるを得ません。

開業してから時間が経つと色々と古くなりますが、お客様はそれを許してくれないという感じですかね。

近年は「女性受け」が一つのテーマになっていて、温泉だけでなくどの業界でも清潔・お洒落などがポイントになっているのかなと思います。

私も女性と温泉関係の話をしていると、とにかく清潔感を重要視する声は多いです。

もしかしたら清潔感というのは、掛け流しよりも強い武器なのかもしれません。

 

運営する側は大変ですね。仕掛けや勝負といった部分は面白いのかもしれませんが。

利用者としては、優しくて穏やかな気持ちで入浴するしかありません。