温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

北見は温泉も良さそだねー!?北海道北見市の温泉を探りましょう

LS北見の「そだねー」が流行語大賞に輝きました。

オリンピックでは多くの人が熱中したことかと思います。

そんな彼女達のホームである北見は愛知県民の私から見ても、なかなか頻繁に行けるところではありません。

訪れた回数はたったの二回ですが、印象的な温泉が湧いているという印象。

そんな北見の温泉を探っていきます。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

塩別つるつる温泉

f:id:kyoudouyokujyou:20181203232555j:plain

いきなり強烈なネーミングですね。でも、こちらの温泉をダイレクトに表現していると思います。

館内に入ると、まず真新しいという印象を受けます。宿ですが、気軽に立ち寄り入浴も可能というスタイル。

入浴のみの利用を考えていましたが、入浴+食事のお得なサービスがあったのでこちらを選択しました。

複数浴室がありますが、清掃の関係で今回は「竜神の湯」という浴室に入ります。

共同浴場のようなシンプルな内湯で、湯が壁の湯口から落ちています。

かけ湯をして入ると、浴槽のほぼ全体からザーッとオーバーフローするので爽快です。

透明の単純硫黄泉で、湯口を中心に硫化水素臭を感知。つるつる温泉という名に違わないつるつるとした浴感の温泉です。

新鮮な掛け流し温泉をザバザバと堪能して、食事をしてから帰りました。

 

滝の湯センター夢風泉

 

f:id:kyoudouyokujyou:20181203235058j:plain

先ほどの塩別つるつる温泉からすぐ近くに位置しています。

ゆめふうせん・・これまたインパクトのあるネーミングかと思います。

地元の方が集う共同浴場のような雰囲気でして、浴室は内湯のみ。

適温の浴槽と小さめの熱め浴槽という感じに分かれていて、浴槽の一部からオーバーフローした湯がそのまま排水溝へ向かうように作られているのが見ていて面白いです。

掛け流しで単純硫黄泉というのはつるつる温泉と変わらず、湯の感触もほとんど同じでつるつる感と硫化水素臭。

シンプルイズベスト。

 

 温根湯ホテル 四季平安の館

f:id:kyoudouyokujyou:20181204001144j:plain

写真の通り大きなホテルで、気軽に立ち寄り入浴できるという印象を受けました。

ホテル規模相応の大きな浴室がありますが、広々とした空間なのに利用客は数人だったので不思議な感じ。チェックインのお客様が続々と到着する前だったのかなと思います。

カバノアナタケ湯という非常に珍しいキノコが使われた浴槽・麦飯石を使用した浴槽・ジャグジー・露天風呂などがありまして、透明のアルカリ性単純硫黄泉が掛け流しされています。

硫化水素イオンが6,2という数値で、硫化水素臭をしっかりと感知。肌をさするとスベスベ感もあり、心地良いです。

 

北見温泉ポンユ三光荘

f:id:kyoudouyokujyou:20181204003757j:plain

 宿ですが、地元の方も気軽に入りに来る温泉という印象です。駐車場も結構埋まっていて、人気なのだと感じます。

こちらは二本の源泉がありまして、40,6℃と36,8℃のアルカリ性単純温泉です。

源泉ごとに浴槽が分けられているので、その違いを確かめながら入浴できるのが良いですね。と言っても、非常に似ている源泉なので温度の違いしか分かりません。

どちらも肌がスベスベする湯で、硫化水素イオンが少し含まれているのでほんのり硫化水素臭を感知します。

掛け流しで、浴槽の縁からザーザーとオーバーフローするのを見ながら心地良く入浴できます。

ぬるい方の源泉槽は、永遠に入浴できるのではないか?というぐらいの心地良さで、湯口付近では肌への泡付きもありました。

 温かい源泉槽と行ったり来たりしまして、思わず長時間入浴。

一度湯に浸かると、脱衣場に戻るのが難しくなる温泉です。

 

北見湯元 のつけの湯

f:id:kyoudouyokujyou:20181204094012j:plain

新しさを感じる温泉施設で、広々とした空間にジェット浴槽・掛け流し浴槽・寝湯・サウナ・水風呂・露天風呂などがあり様々な楽しみ方ができます。

これがワンコイン500円以下(420円)ですから、近隣住民の方は日々有り難く利用しているのではないでしょうか。

こちらは成分総計約5gのナトリウムー硫酸塩・塩化物泉。含まれる鉄分の影響でやや茶色系の色になっています。

塩素臭と塩化物系の塩っぽいにおいが混じった温泉臭で、加水されていないので成分相応の塩味を感知できます。

一番良いと感じたのは内湯の掛け流し槽で、やや熱めなので急速に体が温まります。

なお、シャンプーボディソープなどは備え付けられていないので持参か現地での購入という形です。

スポンサーリンク
 

おわりに 

北見は良い温泉が並んでいるという印象です。スベスベ硫化水素臭の温泉が中心かと思いきや塩味の温泉もありますね。

もちろん私は北見の温泉に全て入った訳ではありませんが、魅力的なエリアであることは確かです。

北見の観光を終えた後は、北見の温泉に入って一日の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。