温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

掛け流しというだけでは喜べないのです

f:id:kyoudouyokujyou:20181118230714j:plain

掛け流しという表現は、多くの人に知られているのではないかと思います。

源泉だけが注入されてオーバーフローしている場合は源泉100%掛け流しで、加水されている場合も掛け流しと表現できますが、加水していることを表示しないといけません。

基本的に掛け流しはポジティブに捉えられますが、それだけでは喜べないのです。

それは、なぜでしょうか。

スポンサーリンク
 

 もくじ

 

 注入量が少なければ問題がある

 

掛け流しとは言っても、温泉の注入量は様々です。ドバドバ注がれている場合もあれば、チョロチョロの場合もあります。

問題はチョロチョロの場合で、湯が汚れやすいのです。湯が汚れる原因は入浴客で、汗や油分が持ち込まれてしまいます。

注入量が多くてザバザバオーバーフローしている場合は、それらの汚れもある程度排水溝に流れるのですが、なかなかオーバーフローしてくれない場合はいつまでも汚れが残るのです。

泥水の入ったバケツを想像してみてください。そこに水を勢いよく流せば次第に泥水は透明な水になります。

ただ、チョロチョロと水を流せばいつまで経っても濁ったままです。

 

入浴客が少なかったり、開店直後であればそれなりに良い状態が保てていると想定できるので、チョロチョロ掛け流しが常時厳しい状態とは限りません。

 

注入量が少なくて入浴客が多いとこうなる

 

「A温泉」とさせてください。源泉温度の高い施設です。

源泉温度が高いのでチョロチョロ注入するしかないですが、年末で多くの入浴客が入っていました。

湯は白っぽい色になっており、表面は油の丸い粒が浮いています。

浴槽のにおいを嗅ぐと排水溝もしくは前日に酒を飲み過ぎた人の呼気のようなにおいがして、まさに悪臭でした。かなり極端な例です。

それでも多くの人は心地良く入浴していて、子どもも笑顔です。温泉臭を嗅ぐという動作をしている人は他に見当たりません。

これは自分の温泉巡り史上で一番湯が汚れていた経験ですが、その他にもちょっと鮮度が落ちてるな・・・と思うことは多いです。

でも、入浴客が多いと湯が汚れるのは仕方ありませんね。プールに入る前のシャワーみたいなものを設置しない限り、コントロールできないのかも。

今のところは入浴客の意識やマナーが、湯を汚すか否かを大きく左右します。

 

無理矢理掛け流しにしてしまった?

やはり、掛け流しと宣伝できるか否かという違いは大きいとのことです。温泉施設の方が言ってました。

でも温泉巡りをしていると、スーパー銭湯などで「すごく無理矢理感がある掛け流しだなぁ」と思うこともあります。

5人以上入れそうな浴槽なのに、湯口から注がれる湯が桶に溜まることすら時間がかかるなど。

入浴客のニーズに応えて掛け流し槽を設置及び循環から切り替えをしていただけるのは大変喜ばしいことではありますが、明らかに注入量と浴槽サイズがアンバランスであれば湯の状態は悪くなりやすいです。

1~2人サイズならチョロチョロ掛け流しで良いという訳でもありませんが、浴槽が小さければそれだけ注入量が少なくても鮮度が保てる可能性が高いです。ひっきりなしに入らない限り。

 

源泉温度が高くてあまり注入できない場合でも、宿は鮮度が保たれているように思います。

日帰り入浴施設と宿の立ち寄り入浴ではほとんどの場合宿の立ち寄り入浴の方が少ない来場者数ですから、それだけ汚れる機会が少ないのです。

立ち寄りでの入浴可能時間が短かったり、そもそも立ち寄り入浴不可であれば宿泊客はベストな状態で湯浴みできるはずです。

  

どのような掛け流しなのかを事前に見定める

 

掛け流しか・・よし、今度この温泉へ行こう!

という具合に決めてしまうと、もしかしたら満足できないかもしれません。

どのように掛け流されているのかを見定める必要がありますし、当然ザバザバと掛け流されていると尚良いです。

そして、源泉温度も様々なので34℃くらいのぬる湯として使われている場合もあれば、20℃の水風呂として使われている場合もあります。「温泉」でも、全てが温かい泉ではありません。

この辺りもよく調べないと、「掛け流しを求めて来たのになんか違う・・」という状況になりかねません。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

ネガティブな内容だったかもしれませんが、注入量が少ない温泉での悲劇は紛れもなく事実です。

ただ、源泉温度が45℃くらい&湧出量も豊富でドバドバ掛け流しという状況は非常に珍しいと思います。

多くの温泉施設が湧出量に悩んだり、温度調節に苦しんだり・・・何かしらの苦労と向き合いながら営業しているのも事実です。

 

 入浴者数は施設側もある程度しか予想できませんし、その時の状況というのは誰にも分かりません。

それ故に同じ浴槽でも日によって「ヤバイ時」もあれば「至って普通の時」もあります。

先ほどの「A温泉」も二回入浴していますが、一回目は至って普通だったのに二回目は上記の通りです。年末ですからねぇ。

 

掛け流し=絶対良いはずと判断せず、湯量は?源泉100%?温度は?という具合に調べて、なるべく混雑しない時間帯を狙うと良いかもしれません。

極論を言ってしまえば人が入る以上汚れは避けられませんので、神経質になり過ぎないことも大切なのかな。