温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

温泉入浴を楽しくさせるあらゆる発見

温泉施設で入浴していると、あらゆる点に気付くことがあります。

普通に入浴しているだけでは気付きにくいことも多いので、可能な限り浴室内をチェックしたいものです。

浴室内ではどのような発見があるのか、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

シャワーが温泉

 

シャワーに温泉が使われているというのは、喜ばしいことです。

お湯を出そうとしたら温泉だったり、源泉温度が低い場合は冷たい温泉が出てくることもあります。

多くは、単純温泉など含有成分があまり含まれていない温泉がシャワーとして使われています。

塩化物泉などがシャワーに使われることもありますが、やはり悪くなるのが早いようですね。

普通の温水シャワーは、弱いカルキ臭があるはずです。しかし、温泉が使われている場合は含有成分に準じた温泉臭がフワリと漂ってくるので、高揚します。

含腐植質特有の甘いにおいや、鉄・硫化水素臭辺りが多いような・・気がします。

頭からシャワーを浴びると温泉臭が常に漂っているので、泡が落ちきった後も水量を少なくして無意味に浴びてしまいますね。

浴び過ぎるともったいないので、30秒程度でストップしておきたいところ。

シャワーに温泉が使われているという事実は多くの人が気付くと思いますが、せっけんやシャンプーのにおいに温泉臭がかき消されることもあります。

施設側も「シャワーにも温泉を使っています!」というアピールを必ずしている訳ではないので、シャワーの湯にも注目してみてはいかがでしょうか?

f:id:kyoudouyokujyou:20181111094251j:plain

青森駅     青森の公衆浴場はシャワー(カラン)からも温泉が出るケースが多いように感じます。

 

源泉が出ている!

 

循環の場合は、ろ過・殺菌された湯が湯口から出ています。

でも、なぜか湯口から源泉が出ていることもあります。しかも、その事実がどこにも告知されていなかったりします・・。

あれ?これ源泉じゃないか??

という驚きと喜びは隠せません。

特にチョロチョロと湯口から出ている場合は源泉の可能性が高いかも。

ぜひ、温泉に入ったら湯口をチェックしてみてください。浴槽に満たされている湯と明らかに湯の香が違えば源泉だと捉えて良さそうです。

 

水風呂が温泉

 

サウナが苦手な人や興味が無い人は、水風呂に入る機会が少ないかもしれません。

浴槽でカンカンに温まれば水風呂の利用機会も出てくるかもしれませんが。

私もそうですが、どれだけ温まっても水風呂は膝下でギブアップしてしまいます。なので、基本的に水風呂はスルーです。

でも、源泉温度の低い温泉が水風呂に満たされている場合は別です。なるべく半身浴をして、温泉臭を堪能します。

水風呂は入らないからいいや・・とスルーしてしまう方も多いと思いますが、満たされている水は井戸水なのか温泉なのかチェックしたいところです。

スポンサーリンク
 

おわりに

 

何も考えずに入浴すると、とてもリラックスできます。場内のあらゆる部分をチェックするというのは、煩わしいかもしれません。

でも、湯口のチェックやシャワーから出る湯の確認などは決して難易度の高い作業ではないです。

温泉の個性を感知することに喜びを感じる方は、場内のあらゆる部分に目を光らせてみてください。

何か発見がある・・かもしれません。