温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

もしあなたが別府八湯温泉道に挑戦するのであれば

f:id:kyoudouyokujyou:20181104102718j:plain

(大分県 別府温泉郷 鉄輪温泉)

 

別府温泉郷は非常に高い知名度を誇っていると思いますが、別府八湯温泉道はご存知でしょうか。

別府市またはその周辺の温泉の中から88湯入浴すると名人になれるという企画です。

名人を目指すのも良いですし、一応初段~十段とあるので気軽に参加できます。

名人×11回で永世名人となるので、そこを目指すのもアリです。ちなみに私は永世名人を目指し中の身です。

別府八湯温泉道も色々な進め方がありますし、少しでも参考になればと思い、私の温泉道の進め方を紹介します。

なお、現在私は3回名人になっており、4回目の途中です。温泉道の施設を見ても行ってないところばかりで、まだまだ道半ばです。

「スパポート」を観光案内所などで入手して、宿ではスタンプを押してもらい、共同浴場では自分で押すという感じです。

「ケータイ温泉道」で温泉道を進めることもできますが、やったことがないので私は分かりません。

 

温泉道施設が載っている「別府八湯温泉本」も購入して、スタートしましょう!

別府八湯温泉道

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 

JR利用なら楽チャリを有効活用してみよう

f:id:kyoudouyokujyou:20181104125844j:plain

 

別府駅では、楽チャリを利用することができます。

電動レンタサイクルのことで、JRを利用した場合は20%オフです。

JRを利用した場合、4時間を超えてレンタルする場合は1200円なのでお得だと思います。

なお、9時~17時までなので、自転車の返却は17時までに行わないといけません。

予約なしでも利用できますが、全て貸出中になってしまうと使えないので、予約した方が良いです。

 

 電動自転車なので坂道もスイスイ走れるのが何よりも便利です。別府は、駅周辺や海沿いの平坦なエリアだけでなく、九州横断道路を少し上がったところに鉄輪温泉、もう少し上がると明礬温泉という具合に温泉が湧いています。

線路から西に進もうとすると上り坂になっているというイメージですね。

別府駅から明礬エリアまで・・自転車で40分~1時間くらいですかね。体力に不安のある方は駅周辺だけ自転車で後はバスを利用した方が良いかもしれません。

 

でも、一口に鉄輪温泉・明礬温泉と言っても歩きだと微妙に遠い場所があったり、温泉~温泉の移動も時間がかかります。

温泉ホテル・旅館・共同浴場も利用時間が定められていますから、行き当たりばったりではなくその日の予定は前日に決めておくと便利です。

 

車での温泉巡りはどうか

 

f:id:kyoudouyokujyou:20181104125719j:plain

(別府明礬橋)

車での温泉巡りは、鉄輪・明礬・観海寺などを巡る場合は良いかもしれません。

有料Pなどに駐めて、積んでいた折り畳み自転車で巡るというのも良いですね。

ただ、電動じゃないと別府の坂道は相当厳しいと思われます。

 

別府駅周辺は車で巡ることは非常に難しいと考えています。共同浴場が多いエリアですし、有料Pを転々とするぐらいであれば徒歩や楽チャリを利用した方が良いです。

 

でも、車があれば遠い場所でもスイスイ行けるので、便利であることは間違いありません。

 

楽チャリ返却後は共同浴場巡り

f:id:kyoudouyokujyou:20181104125811j:plain

(竹瓦温泉)

 

楽チャリとの時間は17時までなので、返却してからエネルギーを補給して一休みし、夜は歩いて共同浴場巡りがスタートします。

共同浴場巡りは小銭をしっかりと用意して、なるべく入浴料を丁度支払えるように財布内を整えるのがベストです。

夜は地図も見えにくいので苦戦しますが、別府八湯温泉本の地図を頼りにすれば大体分かると思います。何回も温泉道をしていると共同浴場の位置が分かってくるので、温泉道にのめり込むほどスムーズに温泉巡りできるかもしれません。

分かりにくい温泉を見つけた時の喜びは大きいですし、カランという桶の音がした方向に向かうと共同浴場が!なんてこともあります。

ヘロヘロになって宿へ戻り、また翌朝は楽チャリに乗って温泉巡りをするのです。リュックには常に2Lペットボトルを忍ばせていますが、すぐになくなってしまいます。

スポンサーリンク
 

宿は連泊が良いかも

 

温泉道を進める時は、連泊の方が良いと思います。連泊であれば荷物をそのまま置けますし、ちょっと疲れたら戻ってゴロゴロすることも可能です。

環境を変える為色々な宿に泊まるのも楽しいと思いますが、そうなると荷物を抱えながら温泉巡りをしなければいけませんし、15時にならないとチェックインできません。

なので私は、大体別府駅前高等温泉・ホテルはやし・ホテルフジヨシに連泊しています。

駅に近くて宿泊料金も安いので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

温泉道は修行のようなもの

 

 

温泉道は修行のようなものだと、個人的には捉えています。

愛知と別府という距離なので、例えば一日三か所程度の湯巡りだと全然進まないです。

一日に十か所を超える入浴を繰り返して進めています。

ヘトヘトになりますし、一日に何か所も温泉に入っていると脚が痛くなってくるんですね。

体はきついのですが、精神的にはどんどん気持ち良くなるというよく分からない状態になってます。本当に自分は温泉が好きなのだなと。

 

なお、一日に十数か所と入るのは絶対にオススメしません。自己責任で入っているだけです。

皆さまは体調や目標に合わせて、適度に入浴して温泉道をやってみて下さい。

 

あと、明礬温泉は白濁の硫黄泉なので、その後に他のエリアの温泉に入ると全て硫化水素臭にかき消されてしまいます。

別府の湯は透明であっても香ばしい温泉臭を放っているので、その湯の香が分かりにくくなってしまうのは少しもったいないと思います。

明礬温泉は最後にしたり、明礬温泉だけを巡って終わるという予定にした方が良いかも?

スポンサーリンク
 

おわりに

 

別府市には放射能泉を除く全ての泉質が揃っているので、温泉道に参加して色々な温泉に入ってみると、別府って本当にすごいな・・と再確認できます。

もっと言うと、北浜エリアには腐植質を含む湯も湧いていますし、観海寺エリアなどでは全国的にも珍しい青湯に入浴できます。(いちのいで会館など)

あ、更に別府温泉保養ランドでこれまた珍しい泥湯も体験できますね。

 

宿の立ち寄り入浴を宴会等で断られてしまったり、共同浴場が臨時休業しているなど何かとトラブルもありますがそれも温泉道の一部です。

 

穏やかな気持ちで、別府八湯温泉道やってみませんか?

 

 

 こちらもどうぞ

www.onsenmujyou.com