温泉無常

旅と温泉は、確実に人生を少しだけ楽しくさせる!

スポンサーリンク

十勝川温泉の元気がないらしい

 

十勝川温泉の元気がないらしいです。

と言っても・・・

www.tokachigawa.net

 

十勝川温泉の自虐PRのことです。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 

モールを知った

 

十勝川温泉と言えば、モールのイメージです。

と言うより、モール温泉という存在を一番初めに知ったのは十勝川温泉の影響ではないか・・と思います。

それだけ十勝川温泉はモールを全面にアピールしていました。

ちなみにモール温泉とは腐植質を含有している温泉で、残念ながらどれだけ含まれていようと温泉に認定されることはありません。

なのでモール温泉とか含腐植質温泉というのは通称で、正式な泉質名ではないのです。

でも、腐植質の含有量によって黄色~ウーロン茶色~黒色と変化するので面白いですよ。

 

ウーロン茶色の湯

 

十勝川温泉はウーロン茶色の場合が多いですかね。

十勝川温泉の全ての湯に入った訳ではないので、あくまでも経験上の話です。

f:id:kyoudouyokujyou:20181031182505j:plain

(十勝川温泉 富士ホテル)

 

十勝川温泉には二回訪問していまして、一回目の宿泊は「富士ホテル」でした。

ウーロン茶色のモール温泉が加水なしで掛け流しされています。

湯量も豊富で、常にオーバーフローしていますね。

モール温泉特有の甘いにおいがあり、湯口は鉄や硫黄も感知します。

気軽に立ち寄り入浴もできるのも嬉しい点かと思います。

 

二回目は「ホテル大平原」に宿泊しました。

大型のホテルで、日本人だけではなく中国・台湾系の人の利用も多かったです。

こちらもウーロン茶色のモール温泉で、浴室も広かったですね。

肌を触るとスベスベして、心地良い浴感です。

 

地震の影響はほとんどない

 

十勝川温泉の自虐的な宣伝は、愛知でも頻繁にニュースになっています。

地震による影響はほとんどないにも関わらず、客足はかなり途絶えてしまったようです・・・。

同じ北海道と言っても、十勝川温泉が湧く音更町と震源地はかなり離れていますね。

青森~盛岡ぐらい離れているでしょうか。

 でも、新千歳空港を利用してレンタカーや電車移動を考えている人は多いでしょうから、キャンセルが増えてしまうのも仕方ないのかなぁ。

 

快晴!夜空!

 

完全に偶然だと思いますが、私が十勝川温泉に訪れた時は二回とも快晴でした。富士ホテル外観の写真を見ていただけると、快晴具合がよく分かります。

常々思っていることですが、やはり旅先の天気が快晴だと強く印象に残りますよね。

天候に関してはその時によって色々と変わりますが、私の中では十勝川温泉=ウーロン茶色のモール温泉と快晴です。

ただ、私が十勝川温泉に到着した時は陽が沈んだ後だったので、夕暮れの十勝川温泉は見ていません。

夕暮れに映える十勝川温泉の平野を眺めてみたいなぁ。

夜空はすごく良かったですよ。九月なのにかなり冷えましたが、標高の高い場所で見る夜空と同じ感じでした。

 

夜、寝る前に夜空を見ながらクッと飲むお酒が何とも堪らない・・・。

 

十勝川温泉良いですよ。私が言うまでもないと思いますけど。

宿もたくさんありますので、お好みの宿を探して訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク