温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

だから運動後の入浴は要注意なのだと思い知った

f:id:kyoudouyokujyou:20181023195522j:plain

(長野県 蓼科湖) ランニングした後の温泉を楽しむ方も多いのでは。

 

入浴を避けなければならないタイミングは、

  • 飲酒した後すぐ(ひどく酔ったらその日は入浴不可)
  • 食事の前後すぐ
  • 病気等で体力が落ちている時の長湯
  • 禁忌症に該当する時
  • 激しい運動の直後

など。

とにかく体が万全ではないではない時は注意した方が良いのです。

スポンサーリンク
 

もくじ

 

 

人体実験?

 

7月の中旬だったと思います。梅雨が終わって、いよいよ暑くなってきたという時期に私は岐阜の羽島温泉に行きました。

hashima-onsen.jp

 

家からちょっと走って二回の右左折をすれば到着するので、たまに行きます。入浴料200円ですし!

茶褐色で、塩味がする温泉でございます。

 

普通に温泉入浴を楽しむという目的もありますが、運動後どれだけ休んだら快適に入浴できるのだろうか?という疑問がずーっとあったので人体実験してみようと思ったのです。

20分、30分は最低でも休みましょうという警告はされてますが、実際のところどうなんだろうな?と。

 

羽島温泉に到着したら、ストレッチをして周辺をグルグル走り始めます。

気温32℃くらいでしょうか?もう、とても暑くて汗が流れ落ちます。

5キロぐらい走りました。5キロはランニングとしては短いと思いますが、体は熱を帯びて厳しい状態でした。

ビタミン飲料を飲んで車の側で20分休憩、館内に入って椅子で10分休憩しました。

 

危険・・・

 

それから入浴をしますが、正直入浴する前から危険な感じは漂っていました。体の火照りはほとんど抜けていませんし、心臓の鼓動も早いです。

30分の休憩では不十分だからもう少し休憩しようかと思いましたが、入ってしまいました。

ほとんど半身浴でしたが、体の内部に熱を帯びていて、汗が流れ落ちます。

心臓の鼓動も相変わらず心配になるほどドクドクで、ゆったりと入浴することはできませんでした。

もう、心身共にグロッキー状態で、30分くらいで脱衣場へ戻ったと思います。

 

運動後の休憩は長めに

 

もしかしたら、熱中症になりかけていたのかな?と思います。

ゆったりとした時間を過ごせる温泉で疲労困憊・・何ということでしょうか。

 

今回思ったことは、心臓の鼓動が落ち着くまで休憩した方が良いということです。

1時間でも2時間でも、体が万全な状態に戻るまで長めに休憩した方が良いかもしれません。

 

それでも密接な運動と入浴

 

私は今回無理矢理運動と入浴を結び付けてみましたが、運動した直後に入浴をする方は結構いるのではないか?と思いました。

例えば登山して野湯に行く場合は到着してからそれほど優雅に休憩できないと思います。

上の画像のような自然の中をランニングした後に、疲れを癒す為に温泉!という方も多いでしょう。

汗でびしょびしょになった状態で何時間も休憩するのは気持ち悪いですからね。

今すぐに服を脱ぎ去って温泉に飛び込みたいという気持ちは分かりますが、水分補給と十分な休憩が非常に重要です。

 

とにかく、休憩して下さい。休憩時間が短いと大きな負担がかかります。 

「まあ大丈夫でしょう」という気持ちで入浴してしまうと、ヘロヘロになってしまうかも。

34℃くらいの温泉なら、最高に心地良さそうですけど・・。

 

温冷交互浴が最高?

 

疲労回復には温冷交互浴が良いとされています。

温かい湯と冷たい湯に浸かる入浴法ですが、冷水に全身浴する必要はありません。

冷水で足湯をするだけでも全身が冷やされるので、寒くなってきます。

寒くなったら、再び温かい浴槽へ・・・という具合ですかね。

 

また機会があれば、運動と温冷交互浴に関する実験もやってみます。

スポンサーリンク