温泉無常

日本国内には色々な温泉があるので、それらを知る一つのきっかけになれば幸いです

スポンサーリンク

自己紹介

初めまして、『温泉無常』管理人のtoshiです。

愛知在住のアラサー男。

何やかんやあって温泉が好きです。よろしくお願いします。

・・・と書きたいところですが、長めの自己紹介をしておきます。

 

 

全ての始まりは中田英寿さんの「旅」

私はサッカーに詳しい人間ではありませんが、2006年のドイツワールドカップで日本が敗退した時の光景は今でも思い浮かびます。

ずっと天を見上げて横たわっている中田英寿さんの姿に、言葉にはならない何かを感じたものです。

そして、引退した中田英寿さんの次の行動は・・・旅だったのです。

 

旅って・・・どういうことですか?

 

これは私だけの感情ではないと思います。世間が大きくザワついた記憶があるからです。

私は当時大学生でしたし、バイトもしていてそれなりにお金があったので・・・

 

自分も旅、してみようかな

 

と思ったのです。ここらへんの感情はよく分からないです。若気の至りですかね?

そして、地図を広げて最初に見えたのが宮崎県の青島です。

青春18きっぷを握りしめてGO!

そもそも、青島が最初に見えたから行くというのもよく分からないですが、目に留まったのは運命だと感じて行くことにしました・・。

 

 

旅に、ハマる

 

こんなものかと思い、その後普通の学生生活に戻れば良かったのですが、次はどこに行こうかな?四国、東北も行きたい・・という考えに支配されていました。

単純に、見知らぬ景色の連続が楽しかったのです。

気候も違いますし、食べ物も違う、方言も独特。

私の旅はほとんど観光地に行くこともなく、見たことも聞いたこともない街をブラブラするというものでした。

旅先に行って、その地の風に吹かれながらコーヒーを飲むだけでも十分だったのです。

宿泊先はビジネスホテルも多かったのですが、せっかくだからと温泉旅館もたまに利用しました。

電車の旅は結構体が疲れるので、温泉でホッとする時間は究極の癒しでしたね。

 

温泉に、ハマる

 

全国各地の温泉に入っていると、やはり気付くことがあります。

 

色・におい・浴感・・・色々な違いがあるんだなぁ・・と。

 

違いを確かめるのが面白くなった私は、ただ街をブラブラするのではなく温泉を追い求めるようになりました。

色々な温泉に入り、温泉分析書をメモするようになり

どんな成分の影響でこの色になるのか

どんな成分の影響でこの浴感になるのか

このにおいの原因は?

こんな事を考えながら入浴していると、温泉の奥深さの虜になっていました。

本などで温泉の勉強をしていましたが、大学在学中に温泉ソムリエ等の講座を受けて更に知識が深まったと思います。

 

f:id:kyoudouyokujyou:20181005225504j:plain

(大分県長湯温泉 ガニ湯)  増水で入れず・・

 

水を得た魚

 

大学を卒業して働きだすと、平日は無理でも週末は温泉に行き放題です。2連休があったらかなりの確率で宿泊していたと思います。

北海道から鹿児島まで・・沖縄は家族旅行のみで、温泉には入れてません。

本当に、「すごく温泉に入っていた」としか表現できないほど20代後半までは同じような生活をしていました。

その中で感じたことを、このブログで書いて行こうかなと思います。

 

また、20代後半に宿での勤務も経験しました。宿で働きたいという気持ちは、学生の頃からありましたね。

宿の内部の事も書こうかと思うので具体的な宿名は明かせませんが、非常に良い経験だったと思います。

 

最後に

 

私は、温泉の事を考え過ぎて人生が狂ったならず者なのかもしれません。笑

いや、ただバランスがおかしかっただけです。

約10年間温泉と向き合ってきて今思うことは「次はどこの温泉に行こう」

・・・なので、もう温泉と生きていくしかないようですね。

30歳の誕生日にこのブログを色々と整えました。

区切りが良いので、初心に帰って「原点回帰 温泉愛!」(中日ファンです)の気持ちでこのブログを作り上げていけたらなと思います。

よろしくお願いします。